パレスチナで、ビットコインの使用量が増加

パレスチナで、ビットコインの使用量が増加

ビットコインの倫理的な使用は、パレスチナの民間人の間でこれまで以上に人気が出ていると情報筋はCoinDeskに語った。フリーランスのWeb開発者であり、ガザに拠点を置くビットコイン製作者のIsmael Al-SafadiがCoinDeskに語った内容によると、「現在、月に500万から600万ドルを処理しているオフィスがいくつかあり、最近ではオフィスが1回に100 BTCを送信するのを見ました。また小規模なクライアントもたくさんあり、200ドルまたは1,000ドルを送金しているのを見ている」とのことである。

昨年、CoinDeskは、そのような暗号通貨ディーラーの1社が、1か月に平均50ドルを購入または清算するおよそ50のクライアントにサービスを提供したと報告しており、彼はその後移住するのに十分な収入を得て、ヨーロッパに移転しているようだ。しかし、問題に関する知識を持つ2つの情報源は、現在ガザで最大20のビットコインディーラーが活動していると推定していることだ。

というのも、PayPalおよびその他のオンラインサービスはパレスチナの領土を除外しているため、ビットコインはフリーランサーが国際的な支払いを簡単に受け取るための唯一の方法の1つになっているようだ。たとえば、Al-Safadiは毎月の収益の70%以上をビットコインで受け取っており、彼が参加しているソーシャルメディアグループに基づいて、Al-Safadiはガザに時折約10,000人のビットコインユーザーがいると推定している。

実際、2017年以来約300人のパレスチナ人に暗号通貨に関するセミナーを教えたガザの匿名の情報筋は、ビットコインに焦点を当てたそのようなFacebookグループの1つに5,000人のメンバーがいるCoinDeskに語っている。またイーサリアムも同様に国内外のパレスチナ人の関心が高まっていると述べた。

アラブ首長国連邦に本拠地を置く別のパレスチナ人は、イーサリアムベースのチャリティープラットフォームを開発しており、彼はCoinDeskに、あるパイロットがガザとヨルダン川西岸の両方の学校に仮想通貨の寄付を行い、良い教育を受けられないパレスチナ人の子供の数を減らすことを目指していると語った。

しかし、パレスチナの暗号エコシステムは銀行や世界の暗号取引所に直接接続していないため、ローカルトランザクションボリュームが確保されるのは困難である。そのため2018年のイランのコミュニティと同様に、ピアツーピアトランザクション、プライベートソーシャルメディアグループ、非公式ディーラーが支配している。

ほとんどのローカルビットコインユーザーは、二次的なビジネストランザクションのためにそれを保持または使用しているわけではなく、不法にキャッシュアウトしているという現状があるようだ。

このようにパレスチナでビットコインの使用量が増えた背景には様々な理由があるようで、今後ビットコインや仮想通貨がどのように浸透していくべきなのかそのあり方を問うべきであろう。

 

 

この記事のURLをコピーする