中国大手通信業者、ブロックチェーンスマホ対応5GSIMの開発を発表

中国大手通信業者、ブロックチェーンスマホ対応5GSIMの開発を発表

中国電信(China Telecom)が5Gの市場に向け、ブロックチェーン対応の5GSIMカードを開発する計画であることが判明した。現在、アメリカ、韓国で既に開始している5Gサービスですが、中国でも2019年末から5Gの商用サービスが開始される予定である。

多くの企業らが、5Gを導入は以下のメリットがある。

  • 超高速通信
  • 超低遅延
  • 多元接続可能

現在は5Gのインフラが全て整っていないため上記メリットのうち、高速通信の部分だけが利用可能となっており、その通信速度は現材と比較するとおよそ20倍の速度となる。

ブロックチェーン対応スマートフォンの詳細

先日公開された同社のブロックチェーン対応スマートフォンのホワイトペーパーの情報によると、スマートコントラクトによる契約自動化、IOT社会に対応する価値取引のリアルタイム決済、トランザクション機能による追跡可能性、耐タンパー性の強化などの部分においてブロックチェーンの技術が活かされるという。また、スマートフォンが私達の生活を変えてから約10年の期間で、ハードウェアとソフトウェアの機能が限界に達しつつあり、ガラパゴス化してきたことを指摘している。

現在中国では、AI.ビックデーターテクノロジー.モバイルペイメント.ブロックチェーンなど、第五世代モバイル通信ネットワークの技術開発が急速に進んでいるが、その中で、ブロックチェーンスマートフォンの機能面が現状不十分であることから、生産に関してはあまり進んでいないようだ。

また、今後開発を進めていくアプリケーション内容として下記の内容のものが挙げられる。

  • デジタルID認証アプリケーション
  • 金融アプリケーション
  • トレーサビリティアプリケーション
  • 司法関連アプリケーション
  • 郵送業界アプリケーション

5Gがもたらす未来とは

5Gは全てのテクノロジーの基盤になる部分であり、現在のビジネスモデルにも大きな変化をもたらすことになるが、その反面個人の情報が多くネット上に出回ることになり、セキュリティ面の部分で不安に感じるユーザーは多数存在する。この状況を打破できるのはブロックチェーンの分散台帳技術であり、人々のプライバシー保護を守る手段として、今後も同社はブロックチェーンスマートフォンの開発をめていく方針だ。

Huobi、仮想通貨ウォレットを搭載したスマートフォンを発表

2019.09.05

ABOUTこの記事をかいた人

まさ@ブロックチェーン研究家

外資系の医療機器、エネルギー関係の企業で5年間営業として従事した後、今後は個人にスポットが当たる時代だと考え、ブロックチェーンの持つトークンエコノミクスの世界観に感銘を受け、少しでも情報源として役に立てるよう日々発信しています。 現在は 実際にコードを書いたり、 イベントに足を運ぶなど精力的に 活動を行ない情報を発信しています。