「Bitfinex・Tether」vs「NYAG」の裁判は、90日間の延期に

「Bitfinex・Tether」vs「NYAG」の裁判は、90日間の延期に

仮想通貨取引所Bitfinex(ビットフィネックス)とTether(テザー)社の親会社であるiFinex(アイフィネックス)社と、ニューヨーク司法当局NYAGの裁判は30日、結果的に決着に至らず、90日間の延期とすることが決定された。

今回の聴取を担当したニューヨーク州の裁判官Joel M. Cohen氏は、Bitfinexおよびテザー社の争いについて、ニューヨーク州司法長官室(NYAG)が一連の裁判の完全撤退、もしくはBitfinexの取り下げ要求を可否について「判断するには時間を要する」と判断し、延期となったという。

裁判官Joel M. Cohen氏は、今回の判決の延期について、次のように述べている。

「NYAGの訴訟を完全に却下するか、反対の方法で判決を下し、BitfinexとTetherの却下の申し立てを却下するかについて最終的な決定を下すにはもっと時間が必要だ。私は差止命令を延長する。私が訴訟を棄却した場合、明らかに差止命令はそれに付随する。この訴訟を棄却しないのであれば、差止命令は延長される。
考えはこの動きの決定までそれらがあるところに物事を保つことである、従って決定は滞在を延長し、差止命令を拡張することである。」

今回の延期の決定によって、Bitfinexおよびテザー社はこれまで通り、業務を行うことができるが、もちろんニューヨーク州のユーザーに対して、サービスなどの提供をすることはできない。また、NYAGも同様に、これまで通り調査を継続することが認められているという。

今回の一連の問題の経緯

Bitfinex・テザー社とNYAGの争いの発端は今年4月末、NYAGがテザー社のUSDTの裏付け資金の不正利用について、ニューヨーク州での営業停止を要求したことである。しかしBitfinex・テザー社らは、この指摘を全面否定。

5月にはNY州の裁判所は、USDTを発行するテザー社に対して、Bitfinexに支払ってきた、ローン提供やクレジット支払いに関する文書を引き渡すように命令。さらに通常営業外での融資および、資金援助を行わないように命令も出されたのだ。

そして7月には、NYAGはBitfinex・テザー社に対して、禁止されているはずのニューヨーク州でのサービス提供を行なっているとして、再びNY規制当局の管轄下に入るとした文書を裁判所へと提出。今回の90日間の延期という形で、この問題は止まっている状況である。

ビットフィネックスは、テザー (USDT)の資金不正使用に反論|「NY当局は意図して弱体化させようとしている」

2019.04.26

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。