バイナンス、マージン取引サービスを正式スタート

バイナンス、マージン取引サービスを正式スタート

11日、世界最大の仮想通貨取引所Binanceは、Binance.comで利用できる新サービス「Margin Trading Platform」の正式スタートを発表した。

バイナンスは公式発表で以下のようにコメントした。

マージン取引は、業界を前進させ、金銭の自由を目指し、取引商品を拡大しようとするBinanceの取り組みにおいて最新の開発です。

証拠金取引は、トレーダーがレバレッジ(実際の資金の何倍もの金額で取引が出来る)をかけ、現物取引よりも高い利益を生み出すことが可能だが、仮想通貨市場のボラティリティを考えると大きなリスクも伴う。

Binanceマージン取引サービスの日本での利用は不可となっている。
日本以外にもイラン、北朝鮮、シリア、キューバ、クリミア、カナダ、韓国、米国、およびその地域の管轄区域ではマージン取引の利用が出来ない状況だ。

Binanceマージン取引の正式スタートが発表されたものの、USDT建での市場の大幅な下落の影響を受けBNBもまた価格を大きく引き下げた。
USDT建では下落してるが、BNB/BTCでは過去24時間で6.6%上昇している。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。