【コラム】フェイスブックと、ウィンクルボス兄弟が仮想通貨業界で再会

【コラム】フェイスブックと、ウィンクルボス兄弟が仮想通貨業界で再会

2019年6月18日にFacebookが仮想通貨事業に参入することを発表した。
これは仮想通貨ファンの間だけでなくFacebookCEOのマーク・ザッカーバーグ本人の中でも大きなニュースだろう。

というのも、仮想通貨取引所「Gemini」を運営するウィンクルボス兄弟とマーク・ザッカーバーグは過去に賠償関係にあったのだ。
彼は仮想通貨事業に参入することで因縁の兄弟と再会することとなった。

フェイスブックが仮想通貨市場に参入

6月18日にFacebookが仮想通貨市場に参入することを発表した。
Facebookはステーブルコインである独自通貨「Libra」を開発し仮想通貨市場をさらに盛り上げようとしている。

仮想通貨「Libra」とは

「Libra」は2020年からサービスが開始されるステーブルコインだ。
Facebook上での買い物や送金だけでなく、すでにスポーティファイ、マスターカード、ウーバー、ビザカードなどでも利用可能になる。
Facebookは25億人のユーザーを持っているので多くの可能性を秘めている。
今後デジタルウォレット「Calibra」で「Libra」を保存することができる。

ステーブルコインとは
価格変動の通貨のこと。米ドルの連動するTether(USDT)や日本円と連動するGMO Japanese YEN(GYEN)などがある。

フェイスブック創設者「マーク・ザッカーバーグ」とは

Facebookの創設者「マーク・ザッカーバーグ」を簡単にご紹介する。

「マーク・ザッカーバーグ」
「マーク・ザッカーバーグ」は幼少期からプログラミングを習い天才的な才能を見せた。
高校時代も学問もスポーツもできる学生で、大学時代には女子学生を格付けするサービス「Facemash.com」を作る。
しかし大学で問題になりサービスは停止。その後「The Facebook」をリリースするとサービス開始からい1ヶ月で一万人のユーザーを突破した。
学生時代からの問題児は今や世界を代表する起業家になっている。

マーク・ザッカーバーグとウィンクルボス兄弟が再会

マーク・ザッカーバーグはウィンクルボス兄弟と仮想通貨業界で再会することになる。
彼らは過去にどのような関係があったのだろうか。

マーク・ザッカーバーグがハーバード大学の学生だったころ、ウィンクルボス兄弟も同じ大学に在籍していた。
彼らはマーク・ザッカーバーグのプログラミング能力を知り、ハーバード大学専用サイト「ハーバード・コネクション」の作成を依頼した。
利用されることを恐れたマーク・ザッカーバーグは彼らのアイデアに着想を得て「The facebook」を作ることになる。

Facebookがユーザーを増やし人気を高めるとウィンクルボス兄弟はアイデアを盗用されたとしてマーク・ザッカーバーグに賠償金6500万ドル(約75億円)を請求した。

そして実際にマーク・ザッカーバーグは賠償金を支払っている。

ウィンクルボス兄弟とは

ウィンクルボス兄弟とはどんな人たちなのだろうか。

  • 仮想通貨取引所Geminiを運営している
  • ビットコインETFを申請し、却下されている。
  • 独自のステーブルコイン「Gemini dollar」を発行している

ウィンクルボス兄弟といえばアメリカの大手取引所「Gemini」を運営していることで有名だ。
CoinmarketCapによると2019年6月26日現在の24時間取引量は世界61位となっている。
世界的に見て取引量は上位ではないものの、Delloiteによる審査を通過しており、そのセキュリティの高さは有名だ。

他にも彼らはビットコインETFを米国証券取引所に認可申請をしたことがある。
承認されれば世界初のETFであったが2017年3月17日に却下され、その後2018年7月26日にも再度却下された。

ビットコインETFとはビットコインが商品に含まれる上場投資信託のこと。
株を購入するように証券取引所の銘柄として売買されるようになる

さらに彼らが運営する「Gemini」では「Gemini dollar」が発行されている。
米ドルと価格連動するステーブルコインで、ニューヨーク州金融サービス局という公的機関から認可を受けている安全性の高い仮想通貨だ。

今後、勝利するのはどちらか?

因縁の両者は独自のステーブルコインを保持している点で争いが起きるかもしれない。
上述したようにフェイスブックの「Libra」は実際に送金・決済で利用されるペイメント通貨として使用される予定であり、「Gemini dollar」は何かあった際の避難先である安定通貨として利用されている。

Libraのメリット・デメリット

Libraのメリット
  • 多くの提携サービスで決済・送金ができる
  • 銀行口座を持たない人も安い手数料で送金・決済できる
  • 安定性があるので利用しやすい
Libraのデメリット
  • サービスの開始がまだ先である
  • アメリカ下院で批判を受けている
  • いまだ謎が多い

Gemini dollarのメリット・デメリット

Gemini dollarのメリット
  • 公的機関からの認可を受けている
  • 十分な資金の保有が裏付けられている
Gemini dollarのデメリット
  • 倒産のリスク
  • 投機に向いていない
「Libra」は公表からの日も浅く、リリース自体も先であるためその実用性などは未だ測ることができない。
しかしもし構想がうまく進むと仮定するなら今までの仮想通貨とは全く違う実用性の高いものになるだろう。

「Gemini dollar」は公的機関の認可や資産保有の裏付けなどから避難先の通貨としてはとても優秀である。
一方でそれを実用的に使えるのかというとと「Libra」の構想には劣ってしまう。

まとめ

ハーバード大学出身の因縁を持つ両者が仮想通貨業界でどのような戦いを見せるのだろうか。
「Libra」と「Gemini dollar」はステーブルコインでありながらそれぞれ違った特徴を持っているためどちらが優れているのかを単純に比較することは難しい。

特徴を活かしてそれぞれがどのように覇権を取っていくのかを注目しておきたい。

この記事のURLをコピーする