TEAMZ Blockchain Summit イベントレポート

4月6日〜7日、TEAMZ Inc.は、東京虎ノ門ヒルズで「TEAMZ Blockchain Summit(チームズ・ブロックチェーンサミット)を開催した。
このサミットには世界中から数千人規模の来場者が参加した。

TEAMZ Blockchain Summitのコンセプトは、「従来の金融とブロックチェーンエコシステムの融合」であり、期待通りの結果だったと高い評価を得た。

参画企業
  • 共催:金色財経(Cointime)、SoarEX
  • スポンサー:XYO、Z-POP DREAM、Trust Exchange、 Coinbene、Bastion Pay、Somesing、NEVULA、MARK.SPACE、Minebest、YYGG、Fight To Fame、Coineal、QTUM、Gubi、CoinCasso、GTP、Starbox
  • レッドカーペットガラススポンサー:Hublot

Franklyn Richards氏「ブロックチェーンの価値」

サミットの開幕はLitecoin HausのCEOで、Litecoinのディレクターを務めるFranklyn Richards氏による「ブロックチェーンの価値」からスタートした。
Franklyn氏はブロックチェーンの技術活用とその背景にある目的、今後の他の業界に対しての改善点、どのようにして成長させるかについて語った。

Anthony Pompliano氏「ブロックチェーンとデジタル世界への移行」

2日目最初に登壇したのは「Off The Chain Podcast」のパーソナリティ、Morgan Creek Digirtalの創業者であるAnthony Pompliano氏(通称Pomp)が「ブロックチェーンとデジタル世界への移行」について語った。

Twitter上でBinanceのCEOであるCZからもPompのツイートに対し「私は東京に行ったことがない」とコメントされ、大きな話題となった。

https://twitter.com/cz_binance/status/1114830239769620481

パネル「ブロックチェーン業界においてイーロン・マスクのような”超人”は必要か?日本の大手企業から見るブロックチェーンの新しい動向」

サミットで最初に行われたパネルディスカッションには、日本マイクロソフト、LINE、富士通総研、日本オラクルなどの日本を代表する大手企業が集まり、ブロックチェーンの進展について議論を交わした。

日本のブロックチェーン業界にとって、このコラボレーションは大きな前進となった。

Travis Kling氏「過去の市場分析を通して、仮想通貨の現状を見る」

仮想通貨市場(ビットコインチャート)に関する話題は、サミット参加者の間でも特に関心の高い話題の一つであった。
Ikigai Asset Managementの創業者兼CIOであるTravis氏は、彼の仮想通貨市場に対する分析、洞察について参加者に共有した。

Ben Goertzel氏「分散型AI」

ブロックチェーンベースのAIプラットフォーム(分散型AIネットワーク)Singularity NETのCEOであり、Hanson RoboticsのチーフサイエンティストでもあるBen Goertzel氏は、分散型AIが我々の社会にとって何を意味するのかについて語った。
また、AIの力を大手企業の管理対象外にする必要性を強調し、平等を確保するために分散化する必要性があると話した。

Tim Smithe氏「ブロックチェーン未来のフロントランナー」

Fight to Fameのグローバルオペレーションズ代表であるTim Smithe氏は、ボクシングのトークン化という彼のヴィジョンについて詳しく話した。
Fight to Fameはボクシング業界で使用出来るトークンの発行を考えており、恵まれないファイターがより良い生活を送ることが出来る機会を提供するリアリティ・ショーを行う予定だという。

原田健太郎氏「MARK.SPACE」

MARK.SPACE Japanの取締役である原田氏は、VRヘッドセットを装着して、バーチャル上のショップ、銀行、映画、事務所、クラブなどが存在する世界へ行くことが可能な、VR世界について語った。MARK.SPACEは、テクノロジーの未来と新たな生活圏を構築するという意欲と可能性を共有した。

Fighting HackersHow「利用者のプライバシーはいかにして守られるのか」

サミット2番目のパネルでは「セキュリティとユーザー資産の保護」について議論が交わされた。
仮想通貨取引所DigiFinexの創業者Kiana Shek氏、Coineal Exchange創設者Aaron Chen氏、Huobi大学学長Jianing Yu氏、南米最大の仮想通貨取引所BitinkaのSebastian Rizo-Patron Parks氏が登壇し、TEAMZの共同設立社COOのYanying Deng氏がモデレーターを務めた。

Patrick Dai氏「ICOバブル後、どのようにブロックチェーン業界を進行させるのか」

Qtum Foundation創設者のPatrick Dai氏は、暗号通貨の裏にあるアイディアとそれを解決する方法について話した。
仮想通貨プロジェクトQtumのミッション、そしてなぜ彼がビットコインとイーサリアムより使用しやすいブロックチェーンプロジェクトを構築してくのかについて語った。

Larry Sanger氏「分散型ソーシャルメディアについて」

フリー百科事典ウィキペディアの共同設立者であり、新たなプロジェクトEveripediaのCIOを務めるLarry Sanger氏は、我々がどのようにして自分のプライバシーを大手ソーシャルメディア企業に与えてしまっているのか。そして、情報を分散させるためにEveripediaの活用について話した。

パネル「従来のファイナンスとブロックチェーン」

このパネルでは、4つの投資ファンドが登壇。投資ファンド Wave FinancialのCEOであるDavid Siemer氏、Angelvest運営責任者Marco Stagliano氏、Shuttle Fund創設者兼CIOBrad Chun氏、そしてTrue Global Venturesの創設者Dusan Stojanovic氏が大きな従来資金を暗号資産に導入することについて議論した。

亀島則充氏「アジア初の次世代型グローバルエンタメプロジェクト」

アジアのエンタメ業界をリードするZ-POP DREAM創業者である亀島則充氏が登壇し、アジアの異なる国からなるメンバーで2つのK-POPグループを創るという、エンタメプロジェクトを紹介した。プラットフォーム上で、購読、購入、投票、メッセージ、そしてビデオの報酬にZ-POP DREAMのトークンが使用されるという。

パネル「Which Dapp is Dapper? Tech Explained」

このパネルでは、Asta SolutionsのCEOであるBill Angelidis氏、Nirvana CapitalパートナーのMable Jiang氏、Aeternity創設者のYanislav Malahov氏、Canaan CreativeのブロックチェーンゼネラルマネジャーのKevin Shao氏を含む専門家たちによる「Dapps」についてのディスカッションが行われた。

Jun Du氏「ブロックチェーンの過去と未来」

Node Capital共同創業者Jun Du氏が、さまざまな統計でバックアップされているブロックチェーンのこれまでと、将来について見解を話した。

Sean Feng氏「ブロックチェーン技術がアンティークアート産業を活性化する」

Gubiゼネラル・パートナーのSean Feng氏は、ブロックチェーンがどのようにしてアート産業に組み込まれているのかを解説した。

Seth Lim氏「ブロックチェーンエコシステムの構築」

Rippleの初期投資家であり、Soar LabsのCEOである、Seth Lim氏は、ブロックチェーンのエコシステム構築について話し、その成長と持続可能性に貢献を続けると語った。

Eyal Avramovich氏「Minebest」

MinebestのCEOであるEyal氏は、マイニングをテーマに語った。彼はよりよいリターンのためにマイニングを使うという戦略を発表した。
また、市場とマイナーを保護することの重要性についても語った。

STO’s「ブロックチェーン業界の新生児”STO”」

このパネルは、日本でも大きく注目されているSTOについて話した。
セキュリティトークンとブロックチェーン市場にもたらす変化について、LaToken創業者兼CEOのValentin Preobrazhenskiy氏、BlockVC創設者のKevin Hsu氏、創法律事務所代表弁護士の斎藤 創氏がパネルリストとして登壇し、韓国最大のメディアTokenPostを運営するPublish IncのCEOであるSonny Kwon氏がモデレーターを務めた。

独自のクリプト投資戦略を確立する

1日目最後のパネルには、SCDE Ventures創設者の Aleksei Antonov氏、Ikigai Asset Management 創設者兼CIO のTravis Kling氏、BICA投資ファンドマネージングパートナーのRose Sun氏が登壇し、中国最大の仮想通貨メディアCointimeのCOO Angela Tong氏がモデレータを務めた。
このパネルでは、サミット開催数日前に始まった、ビットコイン価格およびアルトコイン価格の上昇などについて議論した。

VIPカンファレンス「ファンドと取引所」

サミットの講演後、招待制のVIPカンファレンスが開催された。
全ての登壇者、投資ファンド、仮想通貨取引所の代表が集まり、投資についてディスカッションが行われた。

投資対象をどのポイントで見ているのか、2019年にいくら投資する予定なのか、各ファンドの投資資金はどれだけあるのかなどの質問が殺到した。

Joe Zhou氏「香港証券取引所とフィンテック」

二日目最初の登壇は、香港証券取引所のシニア・バイス・プレジデントJoe Zhou氏からスタートした。
香港証券取引所は、規制当局者としてブロックチェーン技術の採用を検討しているという。

パネル「ブロックチェーン革命」

二日目最初のパネルでは、ブロックチェーン革命と今後の展望について議論された。
フィナンシェ共同創業者兼CEOの田中 隆一氏、メタップス ブロックチェーン事業責任者の青木 宏文氏、日本IBMチーフアーキテクトの平山 毅氏、DMM BitcoinのCEOである田口 仁氏、QUOINEのCFOである紺野 勝也氏がパネリストとして登壇。日本仮想通貨メディアCoinOtakuのCEO伊藤健次氏がモデレータを務めた。

Aaron Chen氏「仮想通貨取引所の役割や差別化」

CoinealExchange創設者のAaron Chen氏は、自身の事業を含め、アジアおよびロシアでの仮想通貨交換所の違いについて詳しく解説した。

パネル「投資戦略について」

このパネルでは、暗号資産の投資について議論し、IEO、株式、プライバシーコイン、そして市場を新たな高値に押し上げるのに役立つニュースについてなど、参加者にとって有益な情報交換がされた。
QCP CapitalマネジングパートナーJoshuaHo氏、OSLセールストレーディング責任者Fernando Martinez Fernandez氏、Gubi 副社長のSteve Qin、Fenoxベンチャーキャピタル日本CEOの名雲俊忠氏が登壇し、モデレーターポットキャストメディアCrypto101のリポーターであるBryce Paul氏が務めた。

Trust Exchange「AIエコシステム」

サミットのスポンサーでもあるTrust Exchangeは、AIを使用して新しいグローバルExchangeを作成するというミッションについて話した。

パネル「日本ブロックチェーンメディアの未来」

このパネルは、日本の仮想通貨メディアの将来と大手メディア企業が、どのように業界を前進させていくかについて議論した。
Coinpost 編集部の中辻諒氏、Crypto Times共同創設者兼CEO新井慎悟氏、CoinOtaku CEOの伊藤健次、そして我らがNEXTMONEY事業部長の堀口啓介が登壇した。
TEAMZ CEOのTianyu Yang氏がモデレーターを務めた。
 

 

清水雅文氏「NEVULA」

NEVULAの創設者兼CEOである清水氏は、ブロックチェーンでオンラインカジノを運営するプロジェクトを発表した。
NEVULAを使用し、資産をデジタル化し、スマートコントラクトを使用したデジタル資産を自分で管理できるというシステムについて話した。

パネル「ブロックチェーンのユーザビリティの向上」

このパネルでは、使用実績と世界中でブロックチェーンの使いやすさを高める方法について議論した。
Accentureブロックチェーン・ディスラプティブプラットフォームのLeigh Gordon Ashlin、Litecoin Haus CEOFranklyn Richards、Qtum Foundation創設者Patrick Dai、Hublot中華圏ゼネラルマネージャーの Loic Biverなどブロックチェーン業界のリーダーが登壇し、Soar Labs Seth LimのCEOによってモデレートされた。

パネル「ブロックチェーンを巡る法規制」

このパネルでは、規制について、ブロックチェーンに関する法律を日本と中国からの視点で深く解説した。
虎ノ門中央法律事務所のYifan Chen氏と望月貴氏、そしてFenbushi CapitalのSun Ming氏などが登壇した。

Yanislav Malahv氏「aeternity blockchainー開発の現状について」

aeternityの創業者であるYanislav Malahv氏は、自身のプロジェクトがスケーラビリティ、コスト、プライバシーに関する問題をどのように解決していくのかについて、その計画を話した。

Michal Grzywacz氏「CoinCasso」

CoinCasso Exchangeの国際オペレーション責任者Michal Grzywacz氏が、仮想通貨交換と、コミュニティの利益の80%を共有する方法について話した。

Arnab Sen氏「従来の金融市場 – 暗号資産市場が株式市場から何を学ぶのか」

Harbour Capital Management創設者兼CIOのArnab Sen氏は、世界の金融に関する独自の視点と、暗号資産が株式市場から何を学ぶことが出来るのかについて話した。

パネル「ブロックチェーンの可能性ー利益を追求しないその先にあるもの」

サミット最後に行われたパネルは、社会的な影響に焦点をあてたもので、参加者の多くがこの話題に食いついた。
Blockshine Technology 創設者兼最高経営責任者のLayla Dong氏、香港ブロックチェーン協会創立会長のJay Liang氏と、Olympキャピタル最高経営責任者のChristophe De Courson氏、ウィキペディア共同創設者のLarry Sanger氏がパネリストとして登壇。モデレータはCointime COOのAngela Tong氏が務めた。

VIPカンファレンス「ブロックチェーンエコシステムの将来」

2日目のVIPカンファレンスは、ブロックチェーンのエコシステムをテーマに、コイン規制を巡ってLitecoinのFranklynとMinebestのEyal氏の間で白熱した議論が行われた。

Red Carpet Gala

今回のサミットの目玉イベントの一つ「RED CARPET GALA」では、国内外におけるブロックチェーン業界の主要人物が集結した。
スポンサーである時計ブランド「Hublot」のブロックチェーン時計など、ハイブランドとテクノロジーの融合を体験することが出来た。

TEAMZブロックチェーンサミットーマレーシア

TEAMZは2019年6月13〜14日にマレーシアのクアラルンプールでブロックチェーンサミットの開催を発表した。
TEAMZブロックチェーンサミットの海外進出は初の試みであり、世界のブロックチェーン企業との関係をより強固にすべく取り組んでいくという。

さらに東京オリンピック開催の年、2020年の4月10〜11日には再び東京でサミットを開催する予定であるという。