【7/14】今日の爆上げ仮想通貨TOP5!!

本日爆上げ(高騰)した仮想通貨銘柄TOP5とその理由を解説!!

※時価総額ランキング100位以内が対象銘柄です。
※観測時間は本日17時00分です。記事公開時点のトレンドと誤差が生じますのでご了承下さい。

 

※今回リストアップされた5つのコインはいずれも米大手取引所Coinbaseが上場を検討しているとの発表があり高騰しました。

ということで、今回の高騰要因は「Coinbaseが上場を検討している理由」に変更してお送りいたします。

 

BAT

Coinbaseが上場を検討している理由

Basic Attention TokenBAT)は、Braveブラウザの内部トークンです。

Braveは最近、月間300万人のユーザーを受け入れ、20カ国以上のGoogle Playストアでトップ10に選ばれたと発表しました。

18,000超える検証済みのサイト運営者が、4,500のウェブサイトでBraveを使用し、YouTubeTwitchのストリーマーアカウントを13,500台使用しています。

現在の相場

 

ZRX

Coinbaseが上場を検討している理由

0xは、ERC20トークンをEthereum blockchainで交換できるオープンプロトコルです。

ZRXは、0xプロトコルのネイティブユーティリティートークンであり、数十万の独立したプロジェクトが0xテクノロジーを使用して構築されています。

現在の相場

 

ZEC

Coinbaseが上場を検討している理由

Zcashは、暗号化におけるイノベーションを利用して、ユーザーが自由に取引のプライバシーを保護できる暗号化方式です。

Zcashの「透過」トランザクションと「シールド」トランザクションの区別は、暗号化されていないHTTPと暗号化されたHTTPSの区別に似ています。

Zcashプロトコルが公開された2016年以来、開発チームが公開している技術的な改善98%で、取引のプライバシーに関連するメモリ消費量を減らすことができます。

現在の相場

 

XLM

Coinbaseが上場を検討している理由

Stellarは、価値交換のためのオープンソースプロトコルです。LumensXLM)は、Stellarネットワークのネイティブ資産です。

Stellarコンセンサスプロトコルは、個々のノードがステラネットワークの状態に関する正確な情報を与えるためにグループとして信頼する他のノードを選択することを可能にし、必要とするという点で実証とは異なります。

現在の相場

 

ADA

Coinbaseが上場を検討している理由

Cardanoプロトコルは、Ethereumの共同創設者の1人であるCharles Hoskinsonによって作成されました。

Cardanoはビットコインのような決済プロトコル(CSL)やmainnetがあり、いくつかの軸で他のブロックチェーンとは異なる技術的方向性を取っています。

このプロジェクトは長期的なロードマップを発表し、作業ソフトウェアを出荷し、コミュニティ拡大しています。

現在の相場

ABOUTこの記事をかいた人

keisuke horiguchi

数々の仮想通貨事業、ICOプロジェクトに携わる。 2014年から仮想通貨投資をスタート。 データ分析、市場調査、書籍、記事、技術分析と豊富な経験に基づいた独自の視点から仮想通貨マーケットを分析するアナリスト。