中国四川省に、林業✕ブロックチェーンの会社を設立

中国北部の四川省にある都で、林業を開発していくための新たなブロックチェーン会社を設立する契約を交わしたと、中国のローカルニュースサイト「China Net」が24日に報道した。

19日にも、Beichuan Qiang AutonomousとBeijing Sinfotek Groupは、林業の経済発展と産業貧困の対策として「Hangzhou Yi Shu Blockchain Technology Co.Ltd」社を共同で立ち上げたと同ニュースサイトにて報道されている。

Hangzhou Yi Shu Blockchain Technology Co.Ltd社は、700件のブロックチェーンプロジェクトの中で最初のテストを通過した19企業の中の1つということになる。

レポートによれば、このプロジェクトは国家開発戦略と緊密に関わっており、企業価値を上げることと林業を同時に進めていくことができるように、ブロックチェーン技術の適用を目指していくと報告されている。

ブロックチェーンは中国の保険業界にも適用されると予想されており、先日には世界最大の中国の保険会社であるピンアン・インシュアランス(Ping An Insurance)が、ブロックチェーン技術開発と「スマートシティの促進」に関するホワイトペーパーを公表している。

中国のブロックチェーンへの関心は驚異的なスピードで加速している。ブロックチェーンの価値はインターネットの10倍を超えるとも囁かれており、新ビジネスが多数生まれることが予想されている。

この記事のURLをコピーする