米商品先物取引委員会(CFTC)、CabbageTech社に対して裁判

アメリカの商品先物取引委員会(CFTC)は24日、ニューヨークを拠点とする仮想通貨関連の会社「CabbageTech」社のオペレーターに対して、仮想通貨に関係する「悪質で被害額が大きい不正行為」に対する訴えを起こしたことを、金融ニュースサイト「Bloomberg」が報道した。

CabbageTech社の設立者であるPatrick McDonnell(パトリック・マクドネル)氏は、仮想通貨ビットコイン(BTC)やライトコイン(LTC)の購入・取引に対して不正行為を行ったとして起訴された。

McDonnell氏は運営を行う権限を持っていないと主張したが、ニューヨーク州裁判所のJack B. Weinstein(ジャック・B・ワインスタイン)氏はMcDonnell氏の主張を認めなかった。

Jack B. Weinstein氏は、McDonnell氏に対して返済金29万ドル(約3,200万円)と罰金87万ドル(約9,500万円)を支払わなければならないという判決を下した。

 

この記事のURLをコピーする