バイナンスの90%の従業員が、BNBトークンで給与を受け取っていることが明らかに

仮想通貨取引所の世界最大手の1つバイナンスは、従業員の90%がBNBトークンで給与取得している事がわかった。
「TechCrunch(テッククランチ)」の創業者である「Michael Arrington(マイケル・アーリントン)」が、バイナンスのCEOを務めるZhaoChanpeng(CZ)とのやり取りをツイートにて明らかにした。

バイナンスの90%の従業員がBNBトークンで給与取得している事を、今週のICXのイベントでバイナンスのCZが話してくれた。賢い人達だ。

これに対して、CZもアーリントン氏のツイートを引用リツイートした。

BNBトークンは、去年7月に発行されたもので、バイナンスが独自に発行するERC20トークンで保有者に取引手数料を割り引くなどの特典がある。

仮想通貨で給与を支払う形は、仮想通貨ビジネスをする企業では徐々に広がってきている。
日本のGMOインターネットも今年の2月から一部ではあるがビットコインでの給与取得を出来る様にしている。
また米国では、「BitPay(ビットペイ)」「Coinbase(コインベース)」もビットコインでの給与取得が可能となっている。

この記事のURLをコピーする