スターバックスでビットコイン決済が可能に!?

スターバックスでビットコイン決済が可能に!?

世界規模で展開している大手コーヒーのチェーン店であるスターバックスは、大手デパートなどで仮想通貨で決済ができるアプリの試作版のテストが進められているとして注目が集まっている。

現在の利用可能な仮想通貨は、Bitcoin, Ether, Bitcoin Cash, Litecoinの5種類である。今年創設された”Flexa”では利用手数料無料で、世界中の35,000店での利用が予想されている。

試作版を利用し、スターバックスで販売されている人気コーヒー飲料”フラペチーノ”を実際に購入する様子もSNSサイトであるツイッターで投稿され、話題となっている。

Flexa社は、クレジットカード決済サービスを行っている”Paypal”、トラベラーズチェックや旅行代理業を始めとする旅行事業のほか、クレジットカード事業、法人向け銀行事業、プライベートバンク、投資信託、保険業等様々な事業を手がける”American Express”、日経ビジネスRaise等で働いた経歴を持つメンバーで経営を行なっている。

システム開発者は、「詐欺を未然に防ぎ、銀行を通すことなく使用者が使用したい仮想通貨により決済できる状態を目標としている」と述べており、決済テストをする試験者を募っている。

運営の見解

運営の椎木

実際に私たちが仮想通貨を自然に使ってる未来もあまり遠くないようですね。

技術の進化は、私たちが普通に生活している間に世の中をあっという間に変えてしまいます。

5年後に目に見えない形で普段の生活の中に暗号通貨が使われている世の中が訪れそうです。

先見の目がある人や企業は、いま暗号通貨に多くの金額を投資しています。日本では大きな事件以降、あまり目にしなくなり明日が、海外勢の動きがかなり活発になってきました。

特に中国の動きは活発で、取引所は上位を占め、ユーザー側のイベントも増えリテラシーがかなり上がってきています。

日本の技術力の高さを活かし、今のうちから暗号通貨を浸透させるのがメディアの使命なのかもしれません。

この記事のURLをコピーする