サムスンモバイル決済サービス「SamsungPay」とRippleネットメンバー「Finablr」が提携

サムスンモバイル決済サービス「SamsungPay」とRippleネットメンバー「Finablr」が提携

3日、韓国電子製品メーカー大手のサムスンのモバイル決済サービス「SamsungPay」と、RippleNetの加盟企業である決済プラットフォームFinablrが提携を発表した。

提携により、米国初のアプリ内国際送金サービスの提供を開始。

この新機能は、サムスンのネイティブモバイルウォレット内で、様々な支払い方法を介して、ユーザーが47か国にシームレスで安全なクロスボーダー決済を提供します。

さらにSamsungPayの利便性、規模、セキュリティをFinablrの国際的なリーチと40年に渡る国境を越えた決済の専門知識と組み合わせ、モバイル決済を何百万人もの消費者に提供していくという。

米国のSamsungPayユーザーは、既存の適格なデビットカードまたはクレジットカードを使用して、Finablrのグローバルネットワークを介し、世界の主要通貨の受取人に安全かつ確実に送金できる。

Samsungのコンテンツサービス担当副社長兼事業部長のSangW Ahnは次のように述べた。

送金は、SamsungPayをユーザーの金融生活をより便利にするプラットフォームに進化させるというビジョンの第一歩です。Finablrという業界のリーダーと緊密に連携して開発されたSamsungPayの一連のサービスは、消費者の日常の金融体験にプラスの影響を与えると考えています。

また、Finablrのグループ最高経営責任者Promoth Manghatは次のようにコメントした。

Samsungと提携して、新たなアプリ内クロスボーダー決済機能を開始出来ることをうれしく思います。
このサービスは、支払いの革新を推進する当社の能力を実証しています。

我々とSamsungのリーダーシップを組み合わせることで、127兆米ドルの世界的な国境を越えた決済市場でユニークな規模で革新することが出来ます。

SamsungPayの新サービスは現在アメリカで利用可能となっており、2020年に市場拡大していくという。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。