Zaif、スマートフォンアプリの配信及びサポート終了

Zaif、スマートフォンアプリの配信及びサポート終了

日本の大手仮想通貨取引所「Zaif」は2018年10月15日により、iOSおよびAndroidで現在、配信中のスマートフォンアプリ「Zaif」の配信を終了することを発表しました。

配信が停止されるZaifアプリについては、配信終了以降ダウンロード及びバージョンアップが不可となり、2018年10月16日からはサポートも終了する予定です。

また現在、利用中のユーザーについては、Zaif取引所ブラウザからログインすることで、引き続き利用できます。

そして、ウォレット機能やアプリの取引機能を利用中のユーザーにおいては、Indiesquare Walletのアプリで復元パスフレーズを入力することで、引き続き利用できます。

Zaifアプリのウォレット残高とZaif Exchangeのアカウント残高は別の機能になるため、ウォレットに残高がある場合は、配信終了までにウォレットを引き継ぐか、Zaif Exchangeで取り扱いのある通貨については、Zaif Exchangeへ送金する必要があります。

Zaifは公式にて次のようなウォレット内の資金に関して案内通知をしています。

Zaifアプリの取引所とZaif Exchange取引所は別の扱いのため、アプリからZaif Exchangeへ送金できない通貨もございます。その場合はウォレットを引き継ぎ、Indiesquare Walletアプリで利用くすることを推奨している。

IndieSquareWallet:https://wallet.indiesquare.me/(外部サービスに接続します。)

取引所Zaifは、取り扱い主要通貨はBTC、ETH、XEM、MONA、BCH。トークンはZAIF、XCP、SJCX、FSCC、PEPECASH、CICC、NCXCで、maker(板に無い指値で注文する場合)0%、taker(板にある指値or成行注文場合)0.1%、BTCは0%で取引できる人気の取引所です。

【仮想通貨取引所】Zaifの特徴・詳細

2018.03.23

運営の見解

運営の堀口

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。