【仮想通貨取引所】Zaifの特徴・詳細

取引所とは

仮想通貨を取引するうえで、仮想通貨を「売りたい人」と「買いたい人」を繋げるための仲介サービスプラットフォームのことです。

仮想通貨を自分が買いたい時に、売る人を自分で探すのは大変な作業になります。

そこで取引所を利用することでその手間を省き、「売りたいひと」「買いたい人」をマッチングさせることができます。取引所はこの仲介に手数料を付けることで利益を得るシステムになっています。
仮想通貨を購入する方法は他にもありますが、取引所を利用することは初心者にとっても、現在、仮想通貨トレードをしている人も一番簡単にな手段の一つです。

注意すべき点

仮想通貨の取引所を選ぶ上で注意する点をお伝えしておきます。

  1. 手数料の安さ
  2. 仮想通貨の種類の豊富さ
  3. 取引所の信頼性

仮想通貨を預けることになる取引所では使いやすさはもちろんのこと機能性や、安全性も注意して使わなければいけません。
また、取引所により自分の欲しい仮想通貨を扱っていない取引所もありますので、下記の一覧を見て選びましょう。

Zaif

Zaifの基本情報

  • 主な取り扱い通貨 : BTC・XEM・ETH・MONA・XCP・BCY・SJCX・BCH
  • 取引手数料    : -0.001%~0.00%
  • セキュリティ   : 金融庁登録済み(近畿002)

 

Zaifの運営はテックビューロ株式会社で代表は朝山貴生氏。
朝山氏はNEM財団の理事も勤めていて、日本の仮想通貨業界でも非常に影響力のある人物です。

2017年9月に金融庁により仮想通貨交換業者として登録されています。
国内でbitflyerに次ぐ2番目の金融庁登録仮想通貨交換業者です。

Zaifの取引手数料

Zaifの最大の特徴として、その取引手数料の安さにあります。
BTCに関しては安いというより「マイナス手数料」なので取引すればするほど増える仕組みになっています。


※2018年3月現在

Zaifコイン積立

Zaifには仮想通貨の積立投資が出来るサービスがあります。
毎月一定額が銀行口座から自動で引き落とされ、その分の仮想通貨を購入してくれるサービスです。

チャートを見たり毎回取引するのが面倒な人に向いています。

Zaifの信用取引

Zaif信用取引とは、証拠金を預けそれを担保にZaifから仮想通貨を借り入れ、借り入れたBTCを運用することで
利益を生み出す取引手法です。
BTCのレバレッジは最大で7.77倍まで可能。
信用取引可能通貨はBTCとMONAの取引が出来ます。

追加証拠金も不要なので、自分の残高の範囲内で取引が出来ます。

Zaifの評判

Zaifは取引手数料の安さ、取扱通貨の種類、CM放送、金融庁登録済みということもあり、
国内でも期待されている取引所でした。

しかしサーバーの脆弱性や出金スピードの遅さなどが露呈して、
現在の評判は正直言って良くないと言えるでしょう。

しかしZaifには特有のサービスや、デメリットを補う強力なメリットも多くあるので
登録しておいて損はないでしょう。

この記事のURLをコピーする

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。