【仮想通貨】おすすめ取引所一覧

おすすめ取引所一覧

取引所とは

仮想通貨を取引するうえで、仮想通貨を「売りたい人」と「買いたい人」を繋げるための仲介サービスプラットフォームのことです。

仮想通貨を自分が買いたい時に、売る人を自分で探すのは大変な作業になります。

そこで取引所を利用することでその手間を省き、「売りたいひと」「買いたい人」をマッチングさせることができます。取引所はこの仲介に手数料を付けることで利益を得るシステムになっています。
仮想通貨を購入する方法は他にもありますが、取引所を利用することは初心者にとっても、現在、仮想通貨トレードをしている人も一番簡単にな手段の一つです。

注意すべき点

仮想通貨の取引所を選ぶ上で注意する点をお伝えしておきます。

  1. 手数料の安さ
  2. 仮想通貨の種類の豊富さ
  3. 取引所の信頼性

仮想通貨を預けることになる取引所では使いやすさはもちろんのこと機能性や、安全性も注意して使わなければいけません。
また、取引所により自分の欲しい仮想通貨を扱っていない取引所もありますので、下記の一覧を見て選びましょう。

 

海外おすすめ取引所一覧

KuCoin

  • 主な取り扱い通貨 : BTC・ETH・NEO・USDT・KCSなどの64種類以上
  • 手数料      : 0.09%~0.1%
  • セキュリティ   : ★★★★☆

【仮想通貨取引所】Kucoinの特徴・詳細

2018.05.07

Kucoinとは、香港に拠点を置く仮想通貨取引所であり、1日の取引量でも世界トップクラスを誇る取引所として有名です。

海外の取引所では珍しい日本語の対応をしており、日本人でも安心して利用することができ、日本に愛される取引所になっています。

日本人が使いやすい取引所なのはもちろんですが、取引通貨も豊富で、有名な主要通貨からマイナーアルトコインまで幅広く取り揃えています。

Kucoinでは、中国の仮想通貨取引所Binanceのオリジナルトークンである「BNB(バイナンストークン)」のように、取引所独自のKucoin Shares(KCS)というトークンが発行されています。

KCSを保有していると様々なメリットを受けることができます。

Bibox

  • 主な取り扱い通貨 : BTC・ETHをはじめとする40種類以上
  • 取引手数料    : 0.1%
  • セキュリティ   : ★★★★☆

【仮想通貨取引所】Biboxの特徴・詳細

2018.04.23

Biboxは、2017年11月にオープンした、中国の取引所です。
中国の取引所といえばBINANCEが真っ先に思い浮かびますが、他にはないコインの取扱も豊富で手数料も安いことから、
現在人気上昇中の取引所です。

創業に、OKCoin共同設立者、Huobi.comのコア創業メンバーが加わっていることも人気の要因の一つです。

またオープンして間もないのですが、取引所の出来高ランキングは2018年4月時点でなんと18位。
注目度の高さが伺えます。

Huobi

  • 主な取り扱い通貨 : BTC・ETHをはじめとする88種類以上
  • 取引手数料    : 0.2%
  • セキュリティ   : ★★★★☆

【仮想通貨取引所】Huobiの特徴・詳細

2018.04.17

Huobi(フオビ)は香港に拠点を置く仮想通貨取引所であり、現在の取引高が第5位と多くのユーザーに使用されています。

現在は提携は解消されていますが、日本の大手金融機関であるSBIホールディングスと以前まで提携していました。しかし、取引所のサポートも日本語対応が開始されているので、日本人と関わりが深い取引所として注目の取引所となっています。

Huobi取引所は独自トークンである「Huobi Token(HT)」を発行したことになり話題となっています。

Binance

  • 主な取り扱い通貨 : BTC・ETHをはじめとする70種類以上
  • 手数料      : 0.1%~0.05%
  • セキュリティ   :★★★★☆

【仮想通貨取引所】Binanceの特徴・詳細

2018.03.19

中国の大手仮想通貨取引所で、取引量は世界でも1.2位を争うほどの人気です。中国の取引所なので中国系の仮想通貨を多く取り揃えていますが、仮想通貨先進国の日本で人気の仮想通貨も多く取り揃えています。取扱種類は70種類を超えると言われています。

最大の特徴は、取引手数料がBNB(バイナンストークン)を使用して取引を行うと、手数料が0.1%から半額の0.05%になります。仮想通貨取引での0.05%は非常に安く人気の理由のひとつです。

Binanceは人気の仮想通貨をいちはやく取り入れるため、Binanceをチェックすることで、どの仮想通貨が今人気なのかを知ることができます。さらに、公式の発表で全てのハードフォークに対応することを公表しており、BTCをBinance内で持っているだけでハードフォークコインが付与されます。

FCoin

  • 主な取り扱い通貨 : BTC・ETH・BCH・LTC・FT・ZIP
  • 手数料      : 0.1%(FTにて100%払い戻し)
  • セキュリティ   :★★★★☆

【仮想通貨取引所】FCoin(エフコイン)の特徴・詳細

2018.06.07

FCoinは2018年4月に開設、2018年5月21日にβ版の運用が開始されたばかりの新設仮想通貨取引所です。

創設者は大手取引所「Huobi」の元CTO(最高技術責任者)のZhang Jianです。
この独立は仮想通貨業界でも大きな話題となりました。

さらに独自トークン「FT」は、現在発行されている取引所トークンの中でも一味違った特徴を持っていて、今後の動向が期待されています。

Yobit

  • 主な取り扱い通貨 : BTC・ETHをはじめとする300種類以上
  • 手数料      : 0.0005%
  • セキュリティ   : ★★★☆☆

【仮想通貨取引所】YoBitの特徴・詳細

2018.03.20

海外仮想通貨取引所の中でも数少ない、100種類以上の主要通貨からマイナーコインまで幅広く取り扱っている取引所です。上場したばかりの仮想通貨も取り揃えているので何十倍になる可能性を秘めたマイナーコインが多く存在します。

「フリーコイン」というシステムがあり、ログインして特定の仮想通貨を選ぶことで24時間ごとに仮想通貨を無料で貰うことができるサービスです。基本的には1円以下のマイナーコインが貰え、量は少ないですが簡単に貰うことができるのでYobitを利用する際は試してみましょう。

自分の仮想通貨を貸して、その利息を貰うという「レンティング」という機能もあります。さらに、「ダイスゲーム」というカジノのハイアンドローの機能も付いており、自分の保有している仮想通貨を賭けて遊ぶゲーム機能も搭載しています。

Cryptopia

  • 主な取り扱い通貨 : BTC・BCH・XRP・XDG・BCCなど500種類以上
  • 手数料      :  0.2%
  • セキュリティ   : ★★★☆☆

【仮想通貨取引所】Cryptopiaの特徴・詳細

2018.03.21

仮想通貨取引所の中で最も多く仮想通貨を取り扱っている取引所です。主要通貨から知られていないマイナーコインまで幅広く取り揃えており、ICO後のトークンもいち早く手に入れることができます。

Cryptopiaでの売買する基軸通貨は、BTC、LTC、DOGEです。これらの通貨を国内から、Cryptopiaのウォレットに送金した後に、BTC建て、LTC建て、DOGE建てで他の通貨を購入するという手順になります。

ニュージーランドに拠点を置く仮想通貨取引所ですが2018.3月にサークル社に買収されており、アジアにも展開していく予定です。今後は日本と深い関係を築くかもしれませんので、今年の注目取引所になるでしょう。

Chaince

  • 主な取り扱い通貨 : BTC・ETH・EOS
  • 取引手数料    : 0.2%
  • セキュリティ   : ???

【仮想通貨取引所】Chainceの特徴・詳細・口座開設

2018.06.11

Chainceは2018年6月8日にローンチされた、EOSプロジェクトに特価した取引所です。
ChainceではすべてのEOSのメインネットワークエアドロップの受領などをサポートし、ユーザーは複雑な操作を行うことなくアカウント内の対応するエアドロップトークンを受け取ることが出来ます。

またChaince独自トークン「CET」も発行しています。

CoinExchange

  • 主な取り扱い通貨 : BTC・LTC・ETH・ETC・DOGEなどの400種類以上
  • 手数料      : 0.15% 
  • セキュリティ   : ★★★★☆

【仮想通貨取引所】CoinExchangeの特徴・詳細

2018.03.22

CoinExchangeは多くのアルトコインを扱う海外仮想通貨取引所です。売買する基軸通貨は、BTC、ETH、ETC、LTC、DOGEですのでDOGE建てで無名のアルトコインを購入することができます。仮想通貨で何十倍もの利益を得るためには好都合の取引所かと思います。

海外取引所の中でも手数料は0.15%と非常に安く、国内取引所の手数料平均(3%~8%)よりも格段に安いので金額を気にすることなく取引を行えます。

取引画面も非常に見やすく初心者の方が初めて海外仮想通貨取引所を使う場合でも、安心して取引ができる環境になっています。

C-Cex

  • 主な取り扱い通貨 : BTC・ETH・BCH・ETCなどの200種類以上
  • 手数料      : 0.2%
  • セキュリティ   : ★★★☆☆

【仮想通貨取引所】C-Cexの特徴・詳細

2018.03.22

C-Cexの仮想通貨取引所はメールアドレスのみで口座開設ができます。しかし、入金はドルのみでしか入金できないので、日本国内の取引所や販売所でBTCを購入してからC-CEXに移して始めましょう。

取引所の取扱通貨は200種類を超えていますのでアルトコインを購入するには非常に便利な取引所です。1つ気を付けなければいけない点は、本社の運営陣や本社の所在地が分からないため、2段階認証を必ず行いましょう。

国内おすすめ取引所一覧

bitFlyer

  • 主な取り扱い通貨 : BTC・ETH・ETC・LTC・BCH・MONA・LSK
  • 取引手数料    : -0.20%~0.00%
  • セキュリティ   : 金融庁登録済み(関東003)

【仮想通貨取引所】bitFlyerの特徴・詳細

2018.03.17

国内の大手仮想通貨取引所bitFlyerの運営は、株式会社bitFlyerによって運営されており、運営の資本金の多さと、大手の企業より出資を受けている点で信頼されています。

ビットフライヤーライトニング(bitflyer Lightning)というFXのトレードのように取引が可能なコンテンツがあります。
レバレッジ機能が付いており、最大5倍までレバレッジ取引が可能です。

さらに、メニューバーに「ビットコインを使う」というサービスまで提供しており、広告をクリックしてそれぞれのサービスを利用することでBitcoinでキャッシュバックの報酬が貰えます。

DMM Bitcoin

  • 主な取り扱い通貨 : BTC・ETH
  • 取引手数料    : 0.04%~0.00%
  • セキュリティ   : 金融庁登録済み(関東010)

【仮想通貨取引所】DMM Bitcoinの特徴・詳細

2018.04.30

DMM.comで有名なDMMが仮想通貨取引所「DMM Bitcoin」を運営しています。もとは、DMMグループの「東京ビットコイン取引所」の称号を変更して立ち上げたブランドになります。

DMM Bitcoinに変更したのち、取引できる仮想通貨は7種類、現物取引は3通貨ペア、レバレッジ取引は14通貨ペアが可能です。

レバレッジ取引の機能も充実しており、大きな下落に巻き込まれた際「強制ロスカット」の仕組みを搭載しています。証拠金維持率が80%を下回ると未約定注文を取り消し、すべてのポジションが強制決済されるようになっています。

GMOコイン

  • 主な取り扱い通貨 : BTC・ETH・LTC・XRP・BCH
  • 取引手数料    : 0.00%※レバレッジ手数料:建玉ごとに0.04%/日
  • セキュリティ   : 金融庁登録済み(関東006)

【仮想通貨取引所】GMOコインの特徴・詳細

2018.04.25

GMOコインは取引所ではなく販売所(仮想通貨FX)となっております。
GMOインターネット株式会社グループ傘下の「GMOコイン株式会社」が運営しています。

GMOコインは仮想通貨FXに特化しており、ビットコインの場合、5倍・10倍のいずれかのレバレッジ取引が可能です。(2018年4月25日ルール変更)

2018年1月〜3月の相場悪化により、営業損益が7億6200万の赤字となり、今後取引所サービスの展開も予定しているようです。

Zaif

  • 主な取り扱い通貨 : BTC・XEM・ETH・MONA・XCP・BCY・SJCX
  • 取引手数料    : -0.001%~0.00%
  • セキュリティ   : 金融庁登録済み(近畿002)

【仮想通貨取引所】Zaifの特徴・詳細

2018.03.23

Zaifはテックビューロ社が運営する国内仮想通貨取引所です。様々な機能を豊富に取り揃えており今後注目の取引所になります。

最大の特徴は、Bitcoinを取引すると手数料貰うことのできる「取引手数料-0.01%」という機能があります。取引所を利用するなかで資金が減らず、さらに増えるとなるとZaifを使うメリットは十分かと思います。

ZaifでBitcoinの取引をすると、前日のBitcoin残高の0.01%をログインボーナスとして受け取ることができます。毎日ログインするだけで0.01%ですから、かなり大きいです。1年間繰り返すと、最大で3.6%となります。

  1. 本人確認が完了していること
  2. 前日のBitcoin残高が3.0BTC以上であること
  3. 直近3カ月の取引高が10万円以上であること

コイン積立機能を搭載しており、定期預金のように自動積立してくれます。高い時に少なく購入し、安い時に多く購入してくれます。

Quoinex

  • 主な取り扱い通貨 : BTC・ETH・BCH・QASH
  • 取引手数料    : 0.15%
  • セキュリティ   : 金融庁登録済み(関東002)

【仮想通貨取引所】QUOINEXの特徴・詳細

2018.05.23

QUOINEXはQUOINE株式会社の運営する仮想通貨取引所です。
QUOINE社は元々シンガポールに本社を置く取引所で現在もアジア地域への取引所サービス提供を行っています。

※2017年12月時点ですでに本社は日本に移転しており、サイトが日本語対応しています。しかし、QUOINEXはシンガポール本社の意向に従いますので日本の法律ではなく、シンガポールの法律によって運営状況が大きく変わります。

BTC/USDとBTC/JPYを同時に見れるなどチャート機能が充実しており、レバレッジ機能ではBitcoinだけではなくETH(イーサリアム)、BCH(ビットコインキャッシュ)でも可能になっています。さらに通貨ペアが外貨で入金できるため国内では重要な取引所です。

BitBank

  • 主な取り扱い通貨 : BTC・LTC・XRP・ETH・MONA・BCH
  • 取引手数料    : 0.00%
  • セキュリティ   : 金融庁登録済み(関東004)

bitbankはビットバンク株式会社が運営する仮想通貨の取引所です。現物取引のできる取引所をbitbank.cc、先物取引の取引所はbitbank Tradeと、分けてサービスを提供しています。

ビットバンク株式会社は、証券会社・FXブローカー向けの取引所である「bitbank for broker」、仮想通貨やブロックチェーンに関する情報を発信する「BTCN」の運営も行なっています。

bitbank.ccで取引することによりビットコイン売買手数料が-0.05%で取引ができます。
・メイカー手数料:-0.05%
・テイカー手数料:+0.05%

bitbankは取引所のみの売買なので0.25〜0.7%とかなり安い手数料で取引ができます。
取引所から購入できないため、自分で売り買いの注文をしなければいけないので慣れるまで少しかかりますが、取引所形式より多少安く通貨を購入できます。

BTCBOX

  • 主な取り扱い通貨 : BTC・ETH・BCH・LTC
  • 手数料      : 0.00%(仮想通貨融資は0.08%~0.1%)
  • セキュリティ   : 金融庁登録済み(関東008)

BTCBOXは、BTCボックス株式会社はが運営をしており、日本市場で最も歴史の長いビットコイン取引所です。また設立以来、無事故運営、サーバーダウン0、最も安全な取引所の一つです。

取引手数料がBTCBOXでの取引には売買の金額のみで、余計な手数料かかりません。
多くの取引所は、取引手数料がかかります。BTCBOXも利用者が増加してから時期をみて取引手数料がかかるようになるかと思われます。

また、BTCBOXには仮想通貨融資という機能があり、BTCBOX内の自己総資産の3倍の金額まで、BTCを借りることができます。一般的に信用取引と呼ばれている取引です。
※手数料として、1日に借入金額の0.08~0.1%の利息が発生します。