FCAはビットコインが新記録を背景に投資家に誇大広告を無視するよう促す

FCSが仮想通貨投資家に注意喚起

FCA(Financial Conduct Authority=金融行動監視機構)の調査によると、40歳未満の投資家の76%が、リスクの高い商品に投資する際に競争力を感じていると回答している事が分かった。

彼らは、友人や家族との競争感のために、仮想通貨のようなリスクの高い製品に投資したと述べており、そのうちの68%が仮想通貨投資をギャンブルに例えていた。さらに、58%が、ソーシャルメディアやニュースでの誇大宣伝も投資決定を後押ししたと明かしている。回答者のわずか21%のみが、最新の投資を1年以上、8%が5年以上保持することを検討していると答えており、より長期的に投資をしたいもしくはしていると回答した人がほとんどいないことを示している。これは、調査対象者の60%が、劇的に増減する投資よりも安定したリターンを好むと述べているにもかかわらずです。

パンデミックの際、100万人を超える英国の投資家が保有を増やすか、リスクの高い投資を購入したため、FCAは、新しい投資家がリスクの高い投資にアクセスする機会が増えていることを懸念し、金融関連機関による警告が英国内でこれまでに幾度となく繰り返されている。最新調査によると、仮想通貨投資家の約7割が、仮想通貨市場はFCAによって規制されている市場との誤た認識で投資をしている事も明らかになっている。

FCAはInvestSmartキャンペーンを開始

これらの実態に対抗するためにFCAは、人々がより多くの情報に基づいた投資決定を下せるように支援するため、1,100万ポンド(約17億3,000万円)のInvestSmartキャンペーンを開始。このキャンペーンは、新規投資家がリスクに対する欲求を検討し、十分な情報に基づいた意思決定ができるよう支援することを目的としたキャンペーンである。同キャンペーンでは、潜在的な投資家に対し、投資する前に5つの質問を自らにすることを提案しており、以下の質問を掲げている。

リスクのレベルに満足しているか
提供される投資を理解しているか
投資は規制されているか
投資プロバイダーまたはアドバイザーが廃業した場合、保護されるのか
経済的なアドバイスを受けるべきか

FCAの市場担当エグゼクティブディレクターであるサラ・プリチャード(Sarah Pritchard)氏は、次のように述べている。

高いリターンはより高いリスクを意味する可能性があり、私たちは消費者が投資する自信を高め、安全に投資できるよう支援し、関連するリスクのレベルを理解したいと考えています。InvestSmartキャンペーンでは、リスクの高い製品に誘惑されている人々にリーチするための革新的なアプローチを採用しているため、リスクとアドバイスの入手先をよりよく理解できます。オンラインおよびソーシャルメディアを通じて人々をターゲットにし、経験の浅い投資家がプレイされないようにします。詐欺師を見つけて行動を起こすためのより積極的なアプローチとともに、InvestSmartが人々が自信を持って投資するのに役立つことを願っています。

 

ビットコイン最高値更新の影響

この動きは、ビットコインが誕生以来初の最高値を更新したことを受けての動きである。

CoinMarketCapより画像引用

CoinMarketCapの調べによると、一爺は1BTCが760万円目前にまで迫ったものの、2021年10月22日付のビットコイン価格は、1BTC=719万円(63,000ドル)を超えており、前日同時刻比-2.70%と急騰による反発からやや値を下げたものの、1週間で5.89%の上昇を見せており、時価総額も135兆8,883億円を超えている。

さらに、ビットコイン価格につられるようにしてイーサリアム(Ethereum/ETH)も同様に価格が上昇しており、1ETH=473,000円(4,100ドル)台後半で推移している。2021年は、ビットコインが他の仮想通貨とともに、主要投資家からの機関投資家の需要の増加に支えられて、新記録を打ち立てた。また、ビットコインETFがニューヨーク証券取引所で開始されるというニュースを背景に、価格は上昇。これは、トークンを直接売買することなく、人々が仮想通貨に投資するのに役立ちことから、多くの投資家らを引きつけ、支持者らは新しい投資家を仮想通貨市場にもたらすことを望んでいる。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。