大手債券投資会社Pimcoが仮想通貨の取引を開始したことを明かす

大手債券投資会社Pimcoが仮想通貨取引を開始

世界展開する大手債券投資会社Pimco(パシフィック・インベストメント・マネジメント)は、デジタルアセットに精通しており、仮想通貨のエクスポージャーを徐々に増やしていることが確認されたことが判明した。

Pimcoのダニエル・イヴァシン(Daniel Ivascyn)CIO(Chief Information Officer=最高情報責任者)は、同社のヘッジファンドの一部はすでに仮想通貨にリンクされた証券を取引していると明らかにした。同CIOは、デジタル資産が最終的に金融システム全体を混乱させる可能性があると予測している。

仮想通貨を使ったPimco実験

イヴァシンCIOは、CNBCとの最近のインタビューで、Pimcoの仮想通貨への露出を明らかにした。

同CIOは、同社が宇宙でより「基本的な」仕事をする前に、その「トレンドフォロー」と「クオンツ指向」戦略の一部として仮想通貨取引を開始するかもしれないと述べている。現時点で、同社の投資戦略は段階的なプロセスにあり、仮想通貨について投資家と話すのにかなりの時間を費やしており、今後もその姿勢を変えるつもりはないという。仮想通貨の急速に成長している領域に侵入する時、それは赤ちゃんが初めての一歩を踏み出すことに似ている。

Pimcoは、債券資産管理に焦点を当てた大規模国際投資会社で、2020年12月の時点で同社の運用資産は2.21兆ドル(約252兆円)にまでのぼっていた。ポートフォリオのほんの一部をビットコイン(Bitcoin/BTC)やその他の仮想通貨に投資することは、仮想通貨市場に大きな影響を与える可能性がある。イヴァシンCIOは、Pimcoのヘッジファンドポートフォリオ内の現在の仮想通貨取引戦略のいくつかについて、次のように説明している。

私たちは相対的価値の観点から取引を行っています。したがって、私たちは方向性のあるエクスポージャーを取りませんが、現金商品、取引所で取引される人気のある信頼、そして先物の間の誤った価格設定を利用しようとしています。ですから、それは私たちのビジネスの非常に狭いセグメントにおける私たちの出発点でした。

同CIOは、DeFi(分散型金融)を、今後の金融業界で「非常に破壊的」なものと概説。少なくとも、彼の予測が実現した場合、Pimcoが競争力を維持できるよう、同社が仮想通貨を掘り下げる準備をするつもりだと述べている。

ビットコインに突入する機関

主要金融機関は最近、驚くべきスピードでビットコインを掘り下げている。

2021年10月の第4週に入り、米国のビリオネアヘッジファンドマネージャーであるポール・チューダー・ジョーンズ(Paul Tudor Jones)氏は、ビットコインが彼のヘッジファンドのポートフォリオの「1桁のパーセンテージ」を構成していると述べている。他の機関と同様に、ジョーンズ氏は、”金よりもインフレヘッジとしてビットコイン”を好んでいる。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。