規制激化の中で、Binanceが南アフリカのデリバティブを停止

Binanceが南アフリカユーザー向けデリバティブ関連商品を廃止

大手仮想通貨取引所Binanceへの規制が激化するなか、仮想通貨取引所が南アフリカでデリバティブ製品を提供しないことを発表した事が分かった。

Binance公式サイトの発表によると、南アフリカのユーザーはプラットフォーム上のデリバティブサービスにアクセスできなくなるとのこと。これらの製品には、先物、オプション、証拠金、およびレバレッジトークンが含まれており、これらのオファリングの新規アカウントの作成はすでに停止されている。すでにアカウントを持っているユーザーは、これらに関連するポジションを削減および閉鎖するために90日の猶予期間が与えられている。この件に関してBinance側は次のように述べている。

ユーザーはマージンコールや清算を防ぐためにマージン残高を補充できますが、新しいポジションを増やしたり開いたりすることはできません。


未だ規制問題に悩まされ続けるBinance

2022年1月6日午後11時59分(日本時間:20:59)より前にユーザーがポジションを縮小またはクローズしなかった場合、Binanceによって自動的になされるとのこと。

このニュースは、NEXTMONEYの特集記事「南アフリカ金融セクター行動管理局がBinanceに警告」で報じたように、南アフリカFSCA(Financial Sector Conduct Authority=南アフリカ金融セクター行動管理局)が2021年9月、仮想通貨取引所に関する警告を発した後に発表されている。しかし、このような規制措置によってBinanceがサービス停止を余儀なくされたのは南アフリカだけではない。すでに多くのユーザーも知っているように、過去数カ月にわたり、Binanceは世界中の規制当局からさまざまな警告を受けている。

仮想通貨取引所に規制圧力をかけた他の国のいくつかには、日本をはじめ、イタリア、英国、香港、シンガポールが含まれている。現在、Binanceは市場規模で世界最大のデジタル通貨取引所で、世界のほとんどで利用可能ではあるものの、さまざまな地域の規制当局から正式な承認を得ていない。そのためBinanceは規制上の問題を解決するため、さまざまな地域でライセンスを取得し、そこで規制当局と協力して問題を防止することを決定しており、次のように述べている。

私たちの目的は、ブロックチェーンテクノロジーとデジタル資産を中心に持続可能なエコシステムを構築することで、市場のプレーヤーが規制当局とより強力に協力する機会をもたらすため、業界の規制フレームワークの発展を歓迎します。私たちは、すべてのユーザーに利益をもたらすことを目指す政策立案に建設的に取り組むことをお約束します。

南アフリカ金融セクター行動管理局がBinanceに警告

2021.09.06

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。