BinanceCharityがNFT植樹プロジェクト「TreeMillions」を立ち上げ:世界で1,000万本を植樹

BinanceCharityが植樹プロジェクトを開始へ

史上初のブロックチェーン対応の透明寄付プラットフォームBinanceCharity(バイナンスチャリティ)が、NFT植樹プロジェクトを主導し、世界中で1,000万本の木を植える計画であることが分かった。

BinanceCharityのNFT植樹プロジェクト「Tree Millions Alliance」は、Binance Charityが主導し、9月28日(火曜日)に発足される。このイニシアチブには、すでに17人の仮想通貨業界のプレーヤーが森林再生の取り組みを支援することが確認されており、国連(United Nations)の森の日(UN Day of the Forest)を祝って2022年3月21日までに100人のメンバーを獲得することを目指しているという。

国連により暗号化されたNFT証明書を発行

数百万ドルの資金調達キャンペーンは、企業と個人の両方に開かれており、寄付が行われるたびに、植えられた木の詳細で暗号化されたNFT証明書が発行される。

NFTをツールとして再利用し、寄付者のお金がどのように使われたかを追跡し、樹種、植えられた場所、時期などの詳細を記録し、すべてのBinanceチャリティープロジェクトと同様に、寄付の100%がプロジェクト実行パートナーに直接送られる計画で、Binanceの創設者兼CEOであるジャオ・チャンポン(Changpeng Zhao:趙長鵬)氏は、次のようにコメントしている。

仮想通貨業界は若く、絶えず進化しているため、地球を保護する上で業界が果たす必要のある役割を認識しています。Tree Millionsは、自然界への影響を軽減するための一歩に過ぎません。これをさらに減らすために、革新とコラボレーションを続けていきます。ブロックチェーンテクノロジーは、より公平で、より透明で、より平等な未来を築くための強力なツールです。

なお、Binance Charityは世界をリードするTreeMillionsのNFTマーケットプレイスであるBinanceNFTと提携し、メタバースにNFTを植え、世界最大の仮想植樹林を作成している。さらに、Binance NFTは、TreeMillionsの募金活動を推進するため、NFT for Goodに参加するクリエイターをラインナップするとのこと。NFT for Goodプロジェクトは、意味のある変化を推進するための創造性を獲得するというビジョンを持って、BinanceCharityとBinanceNFTによって2021年6月に立ち上げられている。BinanceCharityによってTreeMillions用に作成されたNFT証明書は、ビットコインのエネルギー消費量の1%未満を使用するBinanceSmartChainを使用する。BinanceチャリティーおよびNFTの責任者であるヘレン・ハイ(Helen Hai)氏は次のように述べている。

自然界は危機に瀕しており、私たちはデジタル世界に支援を求めています。私たち全員が本質的にリンクしていることがますます明らかになっており、失敗した場合、私たちは自分自身に失敗します。木は気候変動との戦いにおいて重要な資源であり、地球上の生命を提供するのに役立つ脆弱な生態系とのバランスを保つ上で不可欠な部分であることを私たちは知っています。そのため、TreeMillionsをリリースします。私たちは暗号が未来であると信じており、環境に優しい未来の一部になりたいと思っています。

Binance Charityは、確立された環境非営利団体と協力して、One TreePlantedKoalaClancy Foundationなどの植樹の実施を支援しており、今後さらに発表される予定だ。

プロジェクトの最初のフェーズは、Binanceからの200万ドルの寄付によって進行中で、オーストラリア、カナダ、ドイツ、ウクライナ、ケニア、ウガンダ、エチオピア、ガーナ、南アフリカ、ブラジル、メキシコ、コロンビア、アルゼンチン、インド、インドネシア、フィリピン、ベトナム、タイで植樹活動が開始されている。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。