アトレティコ・マドリードがチリーズと連携し、ファントークンを発行

アトレティコ・マドリードがチリーズと連携し、ファントークンを発行

スペインのサッカークラブであるアトレティコ・マドリードは、スポーツブロックチェーンであるChiliz(チリーズ)と提携し、ファントークンを作成した。チリーズのプラットフォームに参加したプロサッカーチームはイタリア、セリアAのサッカークラブ「ASローマ」以来となる。

プレスリリースによれば、アトレティコ・マドリードは「2019年のUEFA(欧州サッカー連盟)の国別クラブ係数ランキングで4位になりました」と強調。ユベントスやウェストハムユナイテッドなどの他のプロサッカーチームが参画するブロックチェーン基盤アプリ「ソシオス」への参加を表明した。

ファントークンの具体的な内容について以下のように述べている。

「アトレティコマドリードのファントークンの価格は2ユーロで、19/20シーズンの2019年秋にSocios.comからのみ入手可能になる。ファントークンは、アプリの拡張現実(AR)ジオロケーション機能であるトークンハントを通じて無料で獲得することができる。ファントークンホルダーは、ユニークで排他的な体験、プロモーション、抽選、投票へのアクセスなど、プラットフォーム上で独占的な権利を享受する」

ファントークンの使用用途

ファンは、トークンを使用して商品を入手し、アプリを使用して互いにトークンを交換することも可能となる。

アトレティコ・マドリードは、過去2年間にブロックチェーンに参加した多くのフットボールクラブの1つ。フランスのトップリーグチームであるパリ・サンジェルマンは、2018年にソシオスのプラットフォームで独自の仮想通貨を発行し、同プラットフォームにはさらに多くのクラブを追加することを計画している。

「私たちの野望は、ブロックチェーンと暗号通貨が、金融やビジネスで信頼できる技術であることを実証するとともに、世界最大のサッカーコミュニティとサッカーファンのための市場を構築するだ」と、ソシオスのアレクサンドルドレイファスCEO兼創業者は述べた。

この記事のURLをコピーする