イーサリアムの大型ハードフォーク「イスタンブール」、10月2日に延期へ

イーサリアムの大型ハードフォーク「イスタンブール」、10月2日に延期へ

イーサリアムの大型ハードフォーク「イスタンブール」がテストネットで実行される日が、9月4日から10月2日まで延期されたことがわかった。延期に伴い、10月4日に予定されていたテスト後のメインネット立ち上げも後ろ倒しになりそうだ。

開発者の会合で、イーサリアム財団のハドロン・ジェームソン氏が延期について明言した。ジェームソン氏は延期についてこう言及している。

「我々は、10月2日ごろを推定されるブロック番号を選んだ(中略)。これからブロックがどのくらいのスピードで生成されるかにも依存するので、1日か2日早まったり遅くまったりするかもしれない」

具体的にどのブロック番号かは明らかになっていない。

なぜ延期に?

延期の背景には、イーサリアム改善案(EIPs)が大量に提出されたため、それらの精査に時間を要したことが挙げられる。開発者は約30の同改善案について審議したが、次回グレードアップのイスタンブールにおいて承認されたのは、「EIP-152:Blake2 コンプレッションの追加とFプリコンパイルの起動」や「EIP-1344:ChainID オペコードの追加」など6項目に留まった。

「イスタンブール」テストネットの立ち上げが1カ月延期されることに伴い、メインネットの起動も11月以降になる見込み。メインネットの具体的な起動日やブロックの高さは発表されていない。

この記事のURLをコピーする