ドイツの銀行がブロックチェーン上場株式を発行:金融規制当局が証券目論見書を承認

ドイツの銀行がブロックチェーン上場株式を発行

ドイツの住宅業界に焦点を当て2015年に設立されたWEGBank AGは、エクイティ(株主資本)のトークン化に飛躍的な進歩を遂げたと発表。これにより、同社はすべての株式をブロックチェーンに置く初の企業になった。

これは、ドイツの金融セクターにとって歴史的な瞬間であり、革新的なソリューションです。サングラスをかけた史上初のドイツの銀行として、Ten31Bank独自の共有レジスタをブロックチェーンに積み上げます。

WEG BankAGのフィンテック部門であるTEN31BankのCEOであるマティアスフォン・ハウフ(Matthiasvon Hauff)CEO(最高経営責任者)は、次のように述べた。

国の金融規制当局であるBaFin(Federal Financial Supervisory Authority=ドイツ連邦金融監督庁)は、公的資金調達のための銀行の関連証券目論見書も承認しました。目論見書の承認を得て、BaFinは前向きに行動し、決定を下しました。私たちは銀行がより革新的にならなければならないという訴えに従い、目論見書でドイツの金融史の一部を書きました。

間もなく、個人投資家は銀行の株式を購入できるようになり、10月から283万株の新株が発行される予定で、同銀行はまもなく提供する株式の詳細を発表する予定だ。BLS(Blockchain Listed Shares)を通じて、銀行は必要な透明性と株式所有権の証拠を提供することを目指しており、これによって操作やデータ損失からも保護される。

仮想通貨取引所で株取引の可能性を開いたWEGBank AG

同銀行はまた、二次取引を可能にし、あらゆる企業が仮想通貨取引所でその株式を取引する可能性を開いた。

ハウフCEOは、この形態の資金調達は、株式が突然世界中で利用可能になる可能性があるため、特に中小企業にとって非常に役立つ述べている。一方、最近主要仮想通貨取引所であるBinanceは、NEXTMONEYの特集記事「Binanceは規制当局の精査の中、ヨーロッパの決済ネットワークからの預金を一時停止」などで報じたように、ドイツおよびヨーロッパの他の地域でのデリバティブおよび先物商品の提供を中止している。

Binanceは規制当局の精査の中、ヨーロッパの決済ネットワークからの預金を一時停止

2021.07.07

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。