Tokocryptoがインドネシア初のマルチカテゴリーNFTマーケットプレイスを提供

インドネシアのNFTメタバースにおける画期的な現象

インドネシアの主要仮想通貨取引所として注目されているTokocryptoは、資金調達キャンペーンの成功によって、TokoMallは2021年8月19日に発売された。

インドネシアおよび世界中のNFTファンのNFTの要望とニーズに対してTokocryptoはインドネシアの先駆的なNFTマーケットプレイスとして、ローカルおよびグローバルなNFTファンがNFTメタバースに参入するための次元間ポータルとして機能するNFTランドスケープの先駆者となる予定だ。

TokoMallは立ち上げに向け、TokocryptoがGoPayの元CEOであるアルディ・ハリオプラトモ(Aldi Haryopratomo)氏、NFTコレクターのエヴァン・タン(Evan Tan)氏、Art Blocks NFTのNFTクリエーターであるウィリアム・タン(William Tan)氏、シェフのアーノルド・ポルノモ(Arnold Poernomo)と提携。同国初となるNFT資金調達キャンペーンを組織し、国内で続くコロナ患者に対する酸素供給不足緩和を目的とした支援をしていく。オランダのオークションを通じて1,024のNFTを販売。4時間以内に222ETH(約7,700万円)を調達しており、Tokocryptoのパン・シュエカイ(Pang Xue-Kai)共同創設者兼CEO(最高経営責任者)は次のように語っている。

インドネシアで最初のNFTアートチャリティーオークションで、歴史的な瞬間です。このイベントをサポートしてくれた仮想通貨コミュニティに大いに感謝します。このイベントは、インドネシアにとって最初で最大のチャリティーイベントとして歴史に残るでしょう。


TokoMallとNFT

オリジナル、ライフスタイル、クリエイティブ、スター、ゲーム、スポーツの5つの部門で構成されるTokoMallは、インドネシアの愛好家や世界のNFTファンが、Toko Token(TKO)を使用して、NFTを購入および取引できるようにする。

Tokocryptoのチョン・インライ(Chung Ying-Lai)CSO(最高戦略責任者)は、次のように述べている。

TKOは、TokoMallプラットフォームでのすべての活動のバックボーンになります。クリエイターは作品をミントしてNFTの形で提供でき、コレクターは各作品に記載されている値に従ってTKOを交換することで必要なNFTを入手できます。

NFT愛好家は、TokoMallを通じて地元のNFTメタバースを横断する一方で、恵まれない人々、特にCovid-19の影響を受けた人々の生活と生活を支援するための資金提供に焦点を当てたTokoCareのイニシアチブを通じて利益を上げる機会もある。なお、NFTは、Binance Smart Chain(BSC)とMetaMaskウォレットを備えたすべての人が購入できるとのこと。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。