中国は証券業界のデジタル化意向を目的にブロックチェーンを倍増

中国がブロックチェーンで証券業界をデジタル化へ

中国は、ブロックチェーン技術を活用して証券業界をデジタル化する予定であることが分かった。

最近、国内最大の証券取引所と規制機関の代表者が集まり、証券業界の将来について話し合う会合が開催され、ブロックチェーンが中心的な役割を果たすことに同意したという。このイベントはSAC(Securities Association of China=中国証券監督管理委員会)が主催し、CSRC(China Securities Regulatory Commission=中国証券監督管理委員会)を含む証券規制当局が一堂に会している。

CoinGeek「BSV Blockchain & China (Lise Li, Sunny Fung, Jiang Jie, Zheming Lin, Gu Lu)」より画像引用

※動画は全編英語で放送されています。日本語訳が必要な場合は、画面右下に表示されるアイコンの中かから「字幕」アイコンをクリックした後、続いて「設定」アイコンをクリックし、表示されたメニューの中から「字幕」⇒「自動翻訳」⇒「日本語」の順に設定することで、大まかな日本語訳が表示されます。

上海と深センで最大の証券取引所の2社も同会合に参加しており、参加者全員がブロックチェーンテクノロジーを使用して効率を高め、コストを削減し、透明性を高めている方法を詳しく調べたという。

中国証券の将来基盤構築のメリット

CSRC科学技術規制局の副局長である江東興(Jiang Dongxing)氏は、市場参加者にブロックチェーンイニシアチブを倍増するよう呼びかけ、中国証券の将来基盤となる可能性のある信頼メカニズム構築などのメリットを挙げられたという。

江氏は、第14次5か年計画で、CSRCは、業界のクラウドプラットフォーム、証明書ネットワーク、業界のビッグデータウェアハウス、業界のブロックチェーンパブリックインフラストラクチャーを構築する取り組みを強化することを明確にし、出席者に次のように語った。

ブロックチェーンのコア機能はネットワーク環境で信頼メカニズムを確立することであり、それはデジタル空間における証券と先物業界の共同ガバナンスのための重要な情報インフラストラクチャーになるでしょう。完全にデジタル化されています。

江氏はさらに、証券業界にブロックチェーンベンチャーで協力するよう呼びかけている。これは、階層的で、統合されており、かつ相互接続された、安全で信頼性の高い業界のブロックチェーンパブリックインフラストラクチャーを作成するための最良かつ最速の方法とのこと。中国の証券業界の主要プレーヤーは、ブロックチェーンイニシアチブの進んだ段階にあり、時価総額が8兆ドル(約880兆円)を超える上海証券取引所深セン証券取引所は、CSRCの監督下で、上場、資本管理、保管、開示のためのブロックチェーンイニシアチブを試験的に実施している。さらに、香港証券取引所や清算機関なども、取引後の決済のためのスマートコントラクトを模索しているとのこと。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。