スイス証券取引所SIXが正式に仮想通貨取引所の承認を取得

SIXがデジタルトークン取引所ローンチ

スイス証券取引所であるSDX(SIX Digital Exchange)は、DLT(Distributed Ledger Techonology =分散型台帳技術)を利用した仮想通貨取引所の立ち上げを承認した。

SDXは、FINMA(Swiss Financial Market Supervisory Authority =スイス金融市場監督局)から、証券取引所を運営するための承認を正式に受け取った。また、スイスのデジタル資産の中央証券保管機関でもあるSIXは、9月10日(金曜日)に公式サイト上でこれを発表した。

この承認により、SIX Digital Exchangeは、完全に規制準拠し、統合された取引・決済・保管のインフラストラクチャーで稼働できるようになった。このインフラストラクチャーは、仮想通貨証券用の分散型台帳テクノロジー(ブロックチェーン)に基づいており、すべての仮想通貨トランザクションの不変リストを維持するために使用することで広く知られている。これらのライセンスにより、スイス証券取引所はスイスで最高水準の監視と規制を提供できるようになった同社は、取引所が稼働した後、トークン形式で株式と債券を提供することを計画。SIXのExchanges&Member ExecutiveBoardのトーマス・ジーブ(Thomas Zeeb)グローバルヘッドは、次のように述べている。

従来の取引所およびCSDインフラストラクチャーのすべてのコア要件を満たすインフラストラクチャーで、スイス仮想通貨取引所の承認プロセスはSIXと業界にとってかけがえのない経験です。これは資本市場のデジタル化を主流にするための重要なマイルストーンですが、それはほんの始まりに過ぎません。私たちは、クライアント、規制当局、その他の利害関係者と協力し、将来の市場を形成していきます。

仮想通貨取引所は、規制された代替手段を提供する可能性がある。ただし、スイス証券取引所は、ビットコイン(Bitcoin/BTC)やその他の仮想通貨をサポートする予定はないと述べている。

SIXからの移行により、デジタル資産専用の取引所となった最初の主要取引所の1つになった。同グループは2018年にこの計画を発表しているものの、SIXは新製品がいつ発売されるかについては述べていない。

スイス証券取引所SDX

SDXはThe Six Groupの製品で、公式サイトによると、世界初の規制された仮想通貨市場インフラストラクチャーを構築している。

スイスデジタル取引所は、デジタル金融エコシステムの構築に引き続き投資する予定で、分散型台帳テクノロジーに基づいて、デジタル資産のグローバル流動性ネットワークを作成していく。今回舞台となったスイスは、仮想通貨とブロックチェーンに優しい国で、このセクターに敏感な多くの業界企業や規制がある。さらに、スイスのツーク州は、仮想通貨が国の焦点となっているため、「クリプトバレー」と呼ばれ、世界的にも広く知られるエリアである。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。