トップエコノミストがエルサルバドルのビットコイン採用決定を愚かと述べる

エコノミストがエルサルバドルのビットコイン法定通貨採用を批判

トップエコノミストのスティーブ・ハンケ(Steve Hanke)氏は、法定通貨としてビットコインを採用したエルサルバドルを非難し、「非常に愚かな」決定だったと語っていることが分かった。

Kitco NEWS「Legalizing Bitcoin will ‘completely collapse El Salvador’s economy’ – Steve Hanke(日本語訳:ビットコインを合法化すると、「エルサルバドルの経済が完全に崩壊する」–スティーブ・ハンケ)」より画像引用

※動画は全編英語で放映されており、日本語訳が必要な場合は、画面右下に表示されている「字幕」アイコンをクリックした後、「設定」アイコンをクリックし、表示されたメニューの中から、「字幕」⇒「自動翻訳」⇒「日本語訳」の順に設定することで、大まかな日本語訳が表示されます。

NEXTMONEYの特集記事「エルサルバドルが圧倒的多数で正式にビットコインを法定通貨として可決」で報じたように、エルサルバドルが法定通貨としてビットコインを採用したというニュースに仮想通貨業界全体が非常に喜んだものの、批判の声も聞こえており、決して賛成ばかりではない。

ジョンホプキンス大学の応用経済学教授であるハンケ氏は、同国の決定を「非常に愚かな」ものと語っている。ハンケ氏によると、エルサルバドルは公式にドル化されたアメリカの3つの国の1つであり、法定通貨としてビットコインを採用すると、最終的には経済が崩壊すると指摘。この決定は、流通している米ドル全体を完全に使い果たしたいという「闇の勢力」の影響を受けたと主張している。

日常取引でビットコイン使用は非常に難しいと指摘

ハンケ教授はエルサルバドルがビットコインを正式に法定通貨として採用したことに批判の声をあげ、次のように語っている。

ダークフォースは明らかにこれ(ビットコインを法定通貨に決定)の背後にあります。それは犯罪要素であり、その理由は犯罪要素が実際に法定通貨に乗り込み、実際に取得できることを望んでいるからです。

ハンケ氏はビットコインを米ドルに換算すると取引率が高すぎるため、日常の取引でビットコインを使用することは非常に難しいと指摘している。同氏は、仮想通貨の根本的な問題は、仮想通貨資産を「実際の」法定通貨に交換するのは費用がかかり、難しいことだと考えており、ビットコインを安くかつ簡単に米ドル、英ポンド、ユーロ、および店舗で使用できる法定通貨に変換することはできないと語っている。

エルサルバドルに続く国は登場するのか

ハンケ氏はエルサルバドルのビットコインの法定通貨への動きを支持していないものの、仮想通貨を詐欺と見なしていないことの考えを明らかにしている。

ただし、ハンケ氏はビットコインは非常に投機的でリスクの高い資産であり、基本的な価値はないと考えていることも同時に明らかにしている。同氏は、主要仮想通貨は通貨ではなく、その投機的な性質のために最終的にその価値を失うことになると繰り返し述べている。

エルサルバドルは先週、法定通貨としてビットコインを正式に採用した際、世界各地で波紋を起こしている。しかし、現在決定をめぐって直面している反発を考えると、他の国々もそれに追随するのか、しばらくは各国の動きに注目したい。

エルサルバドルが圧倒的多数で正式にビットコインを法定通貨として可決

2021.06.09

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。