東カリブ中央銀行、CBDC新デジタル通貨の「DCash」を公開

東カリブ中央銀行がCBDC「DCash」を公開

東カリブ中央銀行(ECCB=Eastern Caribbean Central Bank)は、3月31日(水曜日)、中央銀行のデジタル通貨(CBDC)DCashを発表した。

中国やロシアなどの国では、デジタル通貨に対し、より広範な開発の一環として中央銀行デジタル通貨(CBDC)をテストしている。実際、NEXTMONEYの特集記事「日本銀行、CBDCの概念実証詳細を共有するための委員会を設立」で報じたように、日本の中央銀行である日本銀行が、CBDCの概念実証の詳細な情報共有を目的とした委員会を設立しており、現時点で日本のCBDC発行計画はなされていないが、発行のための準備が着実に進んでいる。現在までに、CBDCを発行した中央銀行は、2020年10月21日付で発表され、当サイトの特集記事「バハマ、中央銀行デジタル通貨「サンドダラー」を発表」で報じたサンドダラー(sand Dollars)だけである。

各国から注目されるDCash

BIS(国際決済銀行)のアグスティン・カルステンス(Agustín Carstens)ゼネラルマネージャーは3月31日(水曜日)、正しく実施されれば、CBDCは決済部門における「長年の」問題を減らすのに役立つ可能性があると述べている。

ECCBのDCashの立ち上げは、通貨同盟内の中央銀行がCBDCで稼働する最初の例である事から、各国からも注目されている。ECCU(東カリブ海通貨連合)は、カリブ海の8カ国で構成されているが、DCashについては、セントクリストファーネイビス、アンティグアバーブーダ、グレナダ、セントルシアの4カ国でのみ使用可能だ。

DCashの利用については、スマートデバイスを使用して、商品やサービスの支払いを行い、他のDCashユーザーにEC資金を送るための、より安全で、より速く、より安価な方法を提供する。3月31日から、消費者と販売者は、参加している金融機関を通してか、もしくはGooglePlayまたはAppleStoreからDCashアプリをダウンロードすることで利用できる。

先週発表された声明「Public Roll-out of the Eastern Caribbean Central Bank’s Digital Currency – DCash!(日本語訳:東カリブ中央銀行のデジタル通貨の公開– DCash!)」の中でECCBは次のように述べている。

ECCBは、東カリブ通貨同盟の人々の金融包摂、競争力、回復力を高めるために、このデジタル版のEC通貨を開発するためにBittIncと2年以上協力してきました。

なお、ECCBとBittは来年2022年中に、他の4つのECCUメンバーをDCashエコシステムに組み込むことに加え、DCashを4つのパイロット国の金融システムに統合することを計画している。

日本銀行、CBDCの概念実証詳細を共有するための委員会を設立

2021.03.29

バハマ、中央銀行デジタル通貨「サンドダラー」を発表

2020.10.21

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。