PBOC中国人民銀行局長、相互運用可能なCBDCグローバルルールを提案

中国の中央銀行局長がCBDCグローバルルールを提案

中央銀行デジタル通貨(CBDC)には、情報の共有や監視などの非常に機密性の高い問題に対処するため、グローバルに適用可能な一連のルールが必要であると、中国のPBOC中国人民銀行局長のムー・チャンチュン(Mu Changchun)局長が新たに提案していることが分かった。

ムー氏は、国際決済銀行のセミナーで講演し、世界中の多くの管轄区域と取引所で、異なるCBDC間の相互運用性が存在する必要があると述べ、次のように語っている。

規制当局が取引のコンプライアンスを監視しやすくするため、情報の流れと資金の流れを同期させる必要があります。


デジタル通貨の台頭により国際企業が求められる

ビットコインが主導するデジタル通貨市場では、企業の世界でますます勢いを増している。

現在、デジタル通貨市場には、十分な規制とインフラストラクチャー、カスタム設計された製品などのファンダメンタルズの必要性が高まっている。これに対してムー氏は、国際通貨システムが健全で安定した方法によって進化することを確実なものへとステップアップするため、グローバルルールは中央銀行が発行したデジタル通貨の公正な供給を特徴とするべきであるとして次のように述べている。

ある中央銀行が提供するデジタル通貨は、別の中央銀行が金融の安定のためにその任務を遂行する能力を妨げるべきではありません。


中国が世界初デジタル通貨発行国になる可能性大

PBOC中国人民銀行は、デジタル通貨を発行する最初の中央銀行になる可能性がある。

これまでも当NEXTMONEYの特集記事「中国深セン市、約3,200円相当の「デジタル人民元を配布」で実証実験を開始」、「中国、第2回目のデジタル人民元の無料配布テストを開催」、「中国深セン、3回目CBDCテストで約3億円相当のデジタル人民元を付与」でお伝えしているように、中国内の主要年でCBDCの開発とテストを実施。世の主要国であり、2014年から始動させている同プロジェクトは、世界をリードしている。

2021年3月4日までに中国は、実際のトライアルフェーズの一環として、数百万元のデジタル元(デジタル通貨電子決済DCEPと呼ばれる)を提供している。同国政府は、デジタル人民元のパイロットプログラムを強化し、消費を増やし、その結果、経済の回復と成長を後押しする計画であると述べている。

中国のCBDCアジェンダ

デジタル通貨は、流通する現金の使用量と量を削減するだけでなく、Alipay(アリペイ)やWeChatPay(ウィーチャット・ペイ)などの中国で人気の決済ネットワークとの激しい競争を提供することが期待されている。

ただし、DeFiに組み込まれた経済的自由の概念を可能にする他の多くの国のCBDCの試みとは異なり、中国のCBDCは高レベルの集中化を特徴としている。BBCは2020年9月、中国内外の中国人の人口が非常に多いため、DCEP(Digital Currency Electronic Payment=デジタル人民元)がいつか世界のデジタル通貨になると報告。DCEPは、中国政府が世界の準備通貨としてのドルに取って代わり、共産主義の議題をさらに広めるための効果的なツールとなる恐れがある。

中国深セン市、約3,200円相当の「デジタル人民元を配布」で実証実験を開始

2020.10.12

中国、第2回目のデジタル人民元の無料配布テストを開催

2020.11.23

中国深セン、3回目CBDCテストで約3億円相当のデジタル人民元を付与

2021.01.05

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。