ニュージーランドのキウイセーバーファンド、ビットコイン市場に参入

ニュージーランドのキウイセーバーファンドがビットコイン市場に参入

ニュージーランドの投資ファンドであるKiwiSaverGrowth Fundが、投資全体の約5%をビットコインに割り当てた事を報告した。

今回の報告にともない、NZFundsのジェームズ・グリゴール(James Grigor)最高投資責任者は、ビットコインは今後5年以内により多くのKiwiSaverスキームに登場すると述べている。ニュージーランドに本拠構える地元メディアのStuffによると、投資会社は、世界最大の仮想通貨が約10,000ドルで取引されていた2020年10月に初めてビットコインを購入。その後ビットコインは今月初めに過去最高の61,000ドルに達し、KiwiSaverファンドがすでにBTCの保有にかなりの利益を得たことが分かる。グリゴール氏は次のように語った。

金に投資することに満足しているのなら、ビットコインを実際に割り引くことはできません。私たちのKiwiSaverは、従来の資産クラス、債券、株式を通じて過半数が構築されており、常に、人々に最高の退職金を提供するために時間の経過とともに複合する資産クラスになります。しかし、必ずしも普通の航海になるとは限らない場合があります。あなたはまだそれらの資産クラスについて前向きな見方をしているかもしれませんが、他の機会が現れます。

 

ビットコインとゴールド

グリゴール氏は、ビットコインを金と比較し、デジタル通貨には金のような多くの特徴があり、BTCを商品および価値のある良い店と呼んでいる。

アメリカのヘッジファンドマネージャーでブリッジウォーターアソシエイテッド https://www.bridgewater.com/ (Bridgewater associated)の創設者であるレイ・ダリオ(Ray Dalio)氏は、2020年12月に、世界最大の仮想通貨が過去10年間で確立されており、BTCは金に似ていると述べている。

金融大手のフィデリティはNEXTMONEYの特集記事「フィデリティ・インベストメンツ、独自ビットコインファンドの立ち上げを準備」今週初めに、同社がビットコインETFの立ち上げを計画していることを明らかにしている。

フィデリティ・インベストメンツ、独自ビットコインファンドの立ち上げを準備

2021.03.25

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。