元コインベースディレクター、仮想通貨詐欺防止スタートアップSardineを立ち上げ

元コインベースディレクターがSardineを立ち上げ

元コインベース(Coinbase)ディレクターのコインベースであったスープ・ランジャン(Soups Ranjan)氏が率いるSardine(イワシ)は、仮想通貨とフィンテックのスタートアップが詐欺と戦うのを支援する事を目的としており、シードラウンドで460万ドル(約5億円)を調達したことが分かった。

「サービスの不正防止」を提供するスタートアップ企業のSardineが、460万ドルのシード資金の調達を果たすとともに、本日立ち上げられた。Sardineは、元仮想通貨取引所Coinbaseのデータサイエンスおよびリスク担当ディレクターであったスープ・ランジャン共同創設者兼CEO(最高経営責任者)によって共同設立された。

Sardineプラットフォームは、仮想通貨およびフィンテックビジネスを対象としており、不正行為と戦うために多面的なアプローチを採用していく。システムは基本的に、仮想通貨取引きなど、Sardineが提供するサービスにサインオンしているビジネスのユーザーごとに「基本的な不正スコア」を作成。これを行うために、同社は、銀行口座、クレジットカード情報、ソーシャルメディア、その他のソースを相互参照するなど、さまざまなソースからデータを収集すると主張している。また、SIMスワップなど、企業がアカウントの乗っ取りを防ぐのに役立つと述べ、次のように語っている。

サービスとしての銀行プラットフォームは、より良い金融サービスへの世代交代をリードしており、詐欺が金融商品を潰さない限り、金融商品をこれまで以上にアクセスしやすくしています。私たちはSardineを立ち上げ、仮想通貨取引所やネオバンクなどのデジタルビジネスが、不正検出への包括的なアプローチを提供することで、真に本物のユーザーを乗せるのを支援します。

 

仮想通貨関連詐欺被害に立ち向かうSardine

Sardineのアイデアは、仮想通貨関連サービスが開始される前に詐欺を阻止するのを助けるという、これまでありそうでなかったサービスを展開していく。

<画像  blockchain fraud continues to vastly exceed hacks and thefts in2020>

CipherTrace「blockchain fraud continues to vastly exceed hacks and thefts in2020(ブロックチェーン詐欺は、2020年もハッキングや盗難を大幅に上回っています)」より画像引用

仮想通貨市場では、仮想通貨を利用した詐欺が頻繁に発生している。ブロックチェーン分析を手掛けるCipherTrace(サイファートレース)からの最近のレポート によると、悪意のある人物は昨年、仮想通貨ユーザーと企業から19億ドル(約2,080億円)を集めたが、そのほとんどは詐欺によるもので、2019年はさらに多く、45億ドル(約4,920億円)に詐欺被害が発生している。

2021年2月下旬にも、当NEXTMONEYの特集記事「すべての詐欺の60%以上がデジタル通貨に関連:オーストリア規制当局」で報じたように、オーストラリアの規制当局が、過去1年間のすべての金融詐欺の3分の2近くを仮想通貨関連詐欺が占めていたと発表したばかりで、世界中が仮想通貨関連の詐欺被害に目を光らせている今、Sardineのサービスおよび事業展開に期待が高まる。

すべての詐欺の60%以上がデジタル通貨に関連:オーストリア規制当局

2021.02.24

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。