すべての詐欺の60%以上がデジタル通貨に関連:オーストリア規制当局

全詐欺の60%がデジタル通貨に関連

オーストリアの規制当局は、仮想通貨関連の詐欺が中央ヨーロッパの国で急増していることを明らかにした。

規制当局によると、過去1年間のすべての金融詐欺の3分の2近くを仮想通貨関連詐欺が占めていたとのこと。FMA(Financial Markets Authority)は、2020年の詐欺に関する内部告発者の報告記録によると、ブルームバーグの報告によると、報告の主な焦点はデジタル通貨で、昨年のオーストリアでのすべての金融詐欺の60%以上が、デジタル通貨に関連していることが分かった。

SNSを使ってより複雑化する仮想通貨関連金融犯罪

FMAのスポークスマンクラウス・グルベルニク(Klaus Grubelnik)氏は、詐欺師は主にSNSを標的にしていると述べている。

彼らはWhatsApp、Facebook、Telegram、TikTokで詐欺の宣伝活動を実行し、これが規制当局のために彼らを止めるのをより困難にしテイルとグルベルニク氏は述べている。デジタル通貨はグローバルであり、調査は複数の国や地域にまたがるため、より複雑になるとして、ブルームバーグの取材に対して次のように語っている。

私たちは、より厳しい規制の大きな必要性を認識しています。株式や金の偽造品は永遠に存在し、これらの詐欺は誇大宣伝のために現在デジタル資産にシフトしています。

 

規制当局による未然防止のための企業への警告

FMAは、デジタル通貨詐欺師の取り締まりを続けており、免許のない企業を特定し、一般の人々に警告している。警告を受けた企業のなかには、ユーザーに手数料ゼロで取引するための125の資産を提供したRaxTradeも含まれている。また、PremiumBorsa、Pennyworth Investments、ANB Bank、GCG24に対しても警告を発している。

オーストリア政府もデジタル通貨の採用を推進していおり、2019年にハルトヴィヒ・ロガー(Hartwig Loeger)財務相は、デジタル通貨を含む規制サンドボックスをフィンテックで作成すると発表。同国政府は、イニシアチブで英国の金融行動監視機構と提携することを約束している。

NEXTMONEYの特集記事「2020年、仮想通貨犯罪は減少=Chainalysisレポート」で報じたように、2020年に50%以上減少したにもかかわらず、デジタル通貨犯罪は依然として蔓延しており、Chainalysis(チェイナリシス)の報告によると、100億ドルですべてのデジタル通貨取引の0.34%を占めているとのことだ。

Chainalysisより画像引用

Chainalysisにより、詐欺は72%減少したものの、最も一般的な犯罪であることが明らかになったほか、ランサムウェア攻撃は311%増加し、最も高い成長を記録したことが分かった。

2020年、仮想通貨犯罪は減少=Chainalysisレポート

2021.01.21

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。