アジアの大手銀行が団結|ブロックチェーン上で複数のCBDC協定を結成

複数のアジア大手銀行がCBDCプロジェクトに参加

アジア最大クラス複数銀行機関のいくつかが、国境を越えて規制を簡単にナビゲートするように設計されたCBDCプロジェクトに協力していることをHKMA(香港金融管理局)が発表した。

2月23日(火曜日)に発表された共同発表によると、アジアに拠点を構える複数主要銀行が協力し、国境を越えた中央銀行のデジタル通貨を構築した。このプロジェクトでは、m-CBDC(複数中央銀行デジタル通貨ブリッジ)と呼ばれ、次の期間が参加し、分散型元帳テクノロジーを使用したCBDCプロトタイプを作成していくとのこと。

HKMA(香港金融管理局=Hong Kong Monetary Authority)
タイ銀行(Bank of Thailand)
アラブ首長国連邦中央銀行(Central Bank of the UAE)
・中国人民銀行デジタル通貨研究所

2019年に開始された「Inthanon-LionRock」研究プロジェクトに基づいて調査されたCBDC最新調査でについて次のように述べている。

管轄の状況に合わせ、24時間年中無休でリアルタイムの国境を越えた外国為替支払いと支払いのトランザクションをマルチで促進する」という概念実証を開発します。


プロジェクトの目的

プロジェクトの目的は、国境を越えた移転を行う際の「問題点」に対処することで、コストの非効率性や、ある国から別の国への送金に伴う複雑な規制が含まれるとのことで、タイ銀行のマシー・スパポンス(Mathee Supapongse)副総裁が以前、次のように述べている。

このモデルは、参加者がピアツーピアベースのアトミックPvP方式で即座に資金を送金できる、国境を越えた回廊ネットワークを提供します。プロジェクトの設計と主要な調査結果は、国境を越えた資金移動領域に関する中央銀行コミュニティの研究に新しい次元を追加しました。

プロジェクトに参加している中央銀行は、より多くの金融機関をこのスキームに引き付けること、そして、アジアおよびアジア以外のCBDCを探索するための最適な環境を作り出すことを目指している。ここ数年の仮想通貨の急速な勢いと盛り上がりによって、多くの政府や中央銀行および規制当局は、ビットコイン(Bitcoin/BTC)やイーサリアム(Ethereum/ETH)などの分散型コインのデジタル代替手段であるCBDC(中央銀行発行のデジタル通貨)の作成に迫られている。

記事参照:Cointelegraph

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。