バイナンス、Facebookのリブラに似た仮想通貨“Venus(ヴィーナス)”を発表

バイナンス、Facebookのリブラに似た仮想通貨“Venus(ヴィーナス)”を発表

世界最大の仮想通貨取引所Binance(バイナンス)は19日、米ドルとペグしたステーブルコインとして機能する独自通貨プロジェクトである「Venus(ヴィーナス)」を発表した。発表された内容では、米ドルとペグしたステーブルコインの機能を搭載した「フェイスブックの独自通貨Libra(リブラ)と同様の機能」を持ち合わせているという。

バイナンスの公式発表によると、フェイスブックの仮想通貨リブラと同様の機能を持ち合わせながら、リブラの「地域版」のような仮想通貨の発行を目標としているようだ。また、通貨を発行する理由についてバイナンスは、以下の3つに焦点をあて開発を目指している。

  • グローバルで多次元の顧客ネットワークとコンプライアンスシステムの確立
  • 国境を越えた支払いシステムの確保
  • 理想の実現(国家と国の間、人と人の協力効率の改善)

また、詳細の発表はされていないものの、各国の規制についてバイナンスは次のように述べている。

「新興の技術革命に直面して、最初に受け入れることを切望している国には、先発者の優位性があります。マルタは仮想通貨やブロックチェーンに先進的であり、国家戦略も急速に発展しています。シンガポールは仮想通貨を受け入れ、米国と日本は仮想通貨交換を組み込み、金融ライセンスを発行しました。スイス、ウガンダ、ルーマニア、バミューダ、ジャージーおよびその他の国と地域は、仮想通貨の規制システムと適用を効果的に探求。アメリカ、アジアヨーロッパとアフリカのトップ企業は、デジタル通貨の分野で多くの人材とリソースを投資しています。金融技術の新しい波では、誰も遅れを取りたくありません。」

規制当局から批難の声は?

フェイスブックの仮想通貨が発表されたことをきっかけに急激に注目を集めている、通貨機能を持ち合わせた仮想通貨プロジェクトの発足だが、遂に世界最大の仮想通貨取引所が動き出した形となる。最近でも世界最大のスーパーマーケットチェーンWalmart(ウォルマート)が、話題の渦中にあるフェイスブックの仮想通貨リブラに似た、米ドルに裏付けられた仮想通貨の発行を計画していることが明らかになっている。

リブラの誕生によって独自のプラットフォームを抱える大企業の参入が予想されていたが、すでに独自通貨BNB(BinanceToken)を発行しているバイナンスの新たな仮想通貨の発行は、市場の回復に大きな影響を与えることが予想される。しかし、仮想通貨リブラの発表の際には、米国をはじめとする規制当局からの批難の意見が多く挙がっており、バイナンスがどのようにして規制当局とコンタクトを取っていくか注目である。

トランプ大統領が仮想通貨を批判|「ビットコインや仮想通貨“Libra”のファンではない。」

2019.07.12