Paysafe、Coinbaseパートナーシップで米国市場の拡大を目指す

Paysafeが米国市場の拡大を目指しCoinbaseと提携

オーストリアのウィーンに本拠を構え、オンライン決済を手掛けるPaysafe(ペイ・セーフ)が、米国市場の拡大を目指し、サンフランシスコに本拠を持つ仮想通貨取引所Coinbase(コインベース)とのパートナーシップを締結したことが発表された。

Paysafeは、人気のあるデジタルウォレットSkrillを所有および維持しています。

米国ユーザー向けのSkrillデジタルウォレット

PaysafeとCoinbaseのパートナーシップ締結条件によると、CoinbaseはSkrillにホワイトラベルソリューションを提供し、米国でのデジタルウォレットの成長を支援するとのこと。

両社のパートナーシップ締結で提供が開始されるサービスにより、30以上の米国の州および準州の顧客が、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコインなどの仮想通貨をデジタルウォレットで取引できるようになる。Coinbaseのブレット・テジポール(Brett Tejpaul)機関投資家取引責任者は次のように述べている。

私たちは仮想通貨経済の構築に焦点を当てているため、仮想通貨取引きを構築するニュアンスを学ぶことなく、クライアントにデジタル資産を提供およびサポートするためのターンキーソリューションをホワイトラベルできるSkrillのようなリーダーと提携することを目指しています。

パートナーシップ締結発表後、Paysafeは拡張プログラムが直ちに開始され、Skrillはアメリカの消費者向けデジタルウォレットの機能を強化することを検討すると述べている。

Skrillは以前、SkrillVisaプリペイドカードを発売していた。また、Skrill送金ソリューションとSkrillKnectのロイヤルティおよびリワードプログラムを市場に投入している。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。