イーサリアム、レイヤー2スケーリングのクロスロールアップソリューションを発表

イーサリアムがクロスロールアップソリューションを提案

イーサリアムの発明者であり、仮想通貨市場にも大きな影響を与える若き天才ヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏は、2つのロールアップ間でトランザクションを送信できるクロスロールアップソリューションを提案したことが分かった。

イーサリアム2.0、トップ5ステーキングプロトコルに浮上

2021.01.07

ブテリン氏は、ロールアップと呼ばれる第2層のスケーリングソリューションを使用し、2つのプロトコル間の通信を可能にする提案を提出。「宛先側でのみスマートコントラクトを使用するクロスロールアップDEX」という提案では、AとB2人のユーザーの両方が、完全なスマートコントラクトをサポートしている場合、これを分散的に行う方法について解説している。同ドキュメントでは、ロールアップBのみが完全なスマートコントラクトをサポートしている場合(およびロールアップAは単純なトランザクションのみを処理できる場合)にそれを行う方法を提案している。

クロスロールアップソリューションの問題点

ブテリン氏自身の概念によれば、ロールアップは一連のオフチェーントランザクションであり、イーサリアム互換のスマートコントラクトに集約されるという。このスマートコントラクトにより、ユーザーはトランザクションを安全に行うことができ、トランザクションはメインチェーンに集約されます。ただし、ソリューションには複雑な問題があるとのこと。

ロールアップにはさまざまなタイプがあり、独自のスマートコントラクトを使用できる。

例えば…
オプティミスティックロールアップは、少量の情報を使用するトランザクションアグリゲーターで動作するが、ZK-Rollupsなどの他のデータはゼロ知識証明スキームで動作できる。これらの特性により、ロールアップが相互作用することを困難にさせている。

ブテリン氏提案ソリューションはどのように機能するのか

ブテリン氏は提案の中で、2つの異なるロールアップを使用してコインを交換したいユーザー「アリス」と、仲介者である「イワン」が相互作用する分散型交換で、彼のソリューションが持つことができる多くの実装の1つを説明している。

ブテリン氏は、ソリューション操作い付いて次のように要約解説している。

アリスは、N枚のコインとメモALICE_Bを使用してトランザクションをIVAN_Aに送信します。イワンは、TRADE_VALUE *(1 –手数料)コインをIVAN_B経由でALICE_Bに送信するトランザクションを送信します。同氏は、「最悪のシナリオ」では、仲介者がコインをALICE_Bのアドレスに送信しない可能性があると説明。ユーザーはロールアップAがトランザクションを確認するのを待って、「代替ルートを見つける」ために資金をロールアップBに送信できると考えてており、“自分で資金を請求する”として、ブテリン氏は次のように結論づけている。

スキームの主な制限は、IVAN_Bがすべての送信者に支払われることを保証するため、大量の資本を保持する必要があることです。

イーサリアム2.0、トップ5ステーキングプロトコルに浮上

2021.01.07

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。