CoinFlip、1,800台のATMのネットワーク全体でドージコインをリストアップ

CoinFlip がATMネットワークにドージコインをリスト

米国の大手ビットコインATMプロバイダーのCoinFlipが3月1日、ドージコイン(Dogecoin/DOGE)が1,800台におよぶ端末ネットワークにリストされたことを発表した。

CoinMarketCapより画像引用

ドージコインは、当初、ジョークコインとして誕生し、キャラクターの可愛らしさから、日本でも一時期高い注目を集めていたもの、投資および投機というよりは、ミームコインとしての需要の方が圧倒的に高いコインであった。

しかし、ここ数カ月で、NEXTMONEYの特集記事「イーロン・マスクのツイート、仮想通貨の異常リターンにつながる」で報じたように、イーロン・マスク(Elon Musk)氏によるドージコイン関連のツイートなどが大きく影響。3月2日時点のドージコイン価格は、CoinMarketCapの調べによると、1DOGE=5.4円前後を推移しており、前日同時刻比で4.44%、1週間で0.18%の上昇を見せているほか、時価総額は約7,000億円にまで上昇している。100億ドル近くの時価総額にまで跳ね上がっている。なお、マスク氏のドージコインに関連するツイートは2月24日にも「Literally(文字通り)」と一言だけツイートしており、直近でDOGE価格が値上がりした。

CoinFlipによるニーズへの対応

今回のCoinFlipによる発表は、コインの正当性を検証し、コインの人気が変化するにつれて消費者と業界のニーズを満たすためのCoinFlipの献身をさらに示していると言え、CoinFlipのダニエル・ポロツキー(Daniel Polotsky)共同創設者兼CEO(最高経営責任者)は次のように同社はコメントしている。

CoinFlipの使命は、常に銀行口座を持たず、参入障壁を打破することでした。そうすることで、アメリカの最も田舎の町でも、投資に興味のある人なら誰でも仮想通貨を利用できるようにするという使命があります。人気が高まり、最近大量に採用されていることを考えると、ドージコインがコインのポートフォリオの一部であることを確認し、今後数カ月でこの仮想通貨のさらなるサポートを奨励することに専念しています。

CoinFlipによるドージコインリストは、2020年の同社の巨大成長に関する最近の発表に続くもので、先月同社は、ビットコインATMネットワークのサイズを3倍以上に増やし、前年比で359%の収益増加を報告している。なお、仮想通貨を売買するための簡単でアクセス可能な手段に対する記録的な需要に応えて、同社は、2020年1月の441台のATMから年末までに1,400台を超えるATMネットワークへと拡大させており、全米50州のうち45州にターミナルを設置している。

イーロン・マスクのツイート、仮想通貨の異常リターンにつながる

2021.02.05

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。