MicroStrategy、ビットコインに9億ドルを追加する計画

MicroStrategyがさらに9億ドル相当のBTC購入計画

MicroStrategy 社は、2月17日(水曜日)のプレスリリースによると、ビジネスインテリジェンス企業のMicroStrategyは、さらに多くのビットコインを取得するため、さらに9億ドル、約953億円相当の債務を発行する予定である事が分かった。

プレスリリースによると、12027年満期の0%転換シニアノート(ノート)は、1933年証券法(「証券法」)に基づく規則144Aに基づいて、資格のある機関投資家に私募で販売される。また、ノートの最初の購入者が追加のノートのバッチを取得することを選択した場合、ノートが最初に発行された日から13日以内に、ノートの元本総額1億5,000万ドルまで購入するオプションを付与。このオファリングは、通常の終了条件が満たされることを条件として、2021年2月19日に終了する予定で、次のように述べている。

メモは、MicroStrategyの無担保の上級義務となります。ノートは通常の利息を負担せず、ノートの元本は増加しません。ノートは、以前にその条件に従って買戻し、償還、または変換されない限り、2027年2月15日に満期になります。

2027年満期の0%転換シニアノート(ノート)は、1933年証券法(「証券法」)に基づく規則144Aに基づいて、資格のある機関投資家に私募で販売される。MicroStrategyはまた、ノートの最初の購入者に、ノートが最初に発行された日から13日以内に、ノートの元本総額1億5,000万ドルまで購入するオプションを付与しました。このオファリングは、通常の終了条件が満たされることを条件として、2021年2月19日に終了する予定です。

NEXTMONEYの特集記事「米MicroStrategy社、10億円相当のビットコインを追加購入」で報じたように、同社は10億円相当のビットコインを追加購入しているが、2月16日に最大6億5,000万ドル、約690億円を調達すると発表。その後、提供内容を9億ドル、約953億円に調達予定額をアップさせている

MicroStrategyは、新たに巨額の債務を提供することで、米ドルに対する投機的な攻撃を強化した。その背景には、インフレの増大によるドルの価値の低下に賭けているとみられており、安価な債務を発行することで、ビットコインをさらに蓄えたいと考えている。ビットコインの価値は、限られた供給と指数関数的に増加する採用により歴史的に高く評価されている。

ブラックロックCEO「仮想通貨が合法的なものになるまでビットコインETFは無い」

2018.11.02

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。