ブラックロックCEO「仮想通貨が合法的なものになるまでビットコインETFは無い」

世界最大の資産運用会社BlackRock(ブラックロック)のCEOであるLarry Fink(ラリー・フィンク)氏が、仮想通貨業界が合法的なものになるまでビットコインETFを立ち上げることは無い、と発言した。

1日、CNBCの報道によると、マンハッタンで開催された「NewYorkTimes Dealbookカンファレンス」で現状の仮想通貨業界について以下のように述べた。

(現状は)合法的であるとは言えません。最終的には政府の支援が必要になります。政府が問題点の所在をはっきりさせない限り、認可されるとは思えません。

さらにフィンク氏は仮想通貨に関する詐欺・マネーロンダリング・脱税の可能性について懸念を抱いており、匿名性や非中央集権型のリスクを指摘した。

仮想通貨は、銃、薬物その他違法行為を容易にするため、ダークウェブ上で使用されています。
現代の金融業界において、ビットコインなどの存在を疑う人たちは、仮想通貨を犯罪者が選択する通貨として認識されています。

フィンク氏のこれらの発言によって、ブラックロックの業界参入は暫くの間ないことが明らかとなったが、仮想通貨業界が合法的なものになったら参入するということだろうか。

しかし、ブロックチェーンについては以前から厚い信頼をおいている。

私達はブロックチェーン技術を信じています。
ブロックチェーンの最大の用途は、住宅ローン、住宅ローン申請、住宅ローンオーナーシップなど、紙で苦労しているものです。

この記事のURLをコピーする

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。