韓国・カカオ、独自のブロックチェーンに民間証券をNFTとして記録

カカオが独自ブロックチェーンに民間証券をNFTとして記録

カカオトークで日本でも広く知られる韓国のインターネットサービスやメッセンジャーアプリを手掛ける企業カカオ(Kakao Corp)のブロックチェーン部門GroundXが現在、非上場の投資をNFT(代替不可能なトークン)としてパブリックブロックチェーンに保存および検証していることが分かった。

非上場投資は、公募前購入のために投資家に提供されるスタートアップの株式で、これらの証券は正式な市場に上場されていないため、OTC(店頭)取引される。韓国のOTC取引市場は成長しており、OTC取引所K-OTCは、2014年の発売以来1兆ウォン、約956億円を超える過去最高の時価総額で2020年に終了しており、外国人投資家も韓国でOTC株式を購入および取引できるのが特徴だ。2018年、韓国は税法を改正し、外国人投資家に上場株式と非上場株式の両方の譲渡に対するキャピタルゲイン税を免除した。

仮想通貨市場で最も注目されているNFT市場

NEXTMONEYでも、「NFT(非代替可能トークン)がイーサリアム会議でライトを浴びる」や、「2021年に爆発的な成長を遂げたNFT市場」で報じているように、NFTは仮想通貨市場で現在最も暑い視線が注がれている市場と言える。

Ground Xは、「韓国メッセージアプリ「カカオトーク」、6月に仮想通貨ウォレット機能が実装!?」で報じたように、2019年にカカオと合併している。そのGround X では、QuotaBook  やAngel Leagueなどの地元の株式管理および取引プラットフォームと提携し、投資家に有望な非上場スタートアップの株式を購入したり、所有権情報を記録および保存したりする機会を提供している。なお、額面金額、株式数、株主名などの非上場株式に関する情報は、GroundXが開発したブロックチェーンであるKlaytnに記録されます。

その後、株式の記録はNFTとして作成され、韓国の人気のメッセージングアプリKakaoTalkに組み込まれているデジタルウォレットKlipを介してデジタルカードとして株主に提供されます。カカオトークは世界中で約5000万人のユーザーにサービスを提供しており、Klipはすべてのカカオトークユーザーが利用できます。

非上場株式について

非上場株式は通常、投資家が提供する会社の内部接続を通じて利用できますが、証券を販売できるようにするディーラーを通じて購入も可能だ。Ground Xコミュニケーションマネージャーであるイネス・チュン(Inés Chun)氏によると、Angel Leagueは、経験豊富な投資家が管理するプラットフォームで提供される非上場企業への投資に関心のある人なら誰でも参加できるとのことでだ。

投資家に非上場企業に買収する機会を提供するGrowthFundersによると、これらの株式は公開市場に上場されていないため、流動性が非常に低くなっています。つまり、会社が公開されるまでは簡単に売却できず、公開されると株式が希薄化する可能性があると指摘している。2019年3月、Ground Xはプライベートコインオファリングを通じて9千万ドルを調達し、その3カ月後にKlaytnブロックチェーンを立ち上げている。

韓国メッセージアプリ「カカオトーク」、6月に仮想通貨ウォレット機能が実装!?

2019.03.20

NFT(非代替可能トークン)がイーサリアム会議でライトを浴びる

2021.02.15

2021年に爆発的な成長を遂げたNFT市場

2021.02.16

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。