イーロン・マスク氏、マースコイン作成の可能性について議論

イーロン・マスク氏が独自通貨マースコインを議論

テスラ社の共同創設者兼CEO(最高経営責任者)であるイーロン・マスク(Elon Musk)氏は、独自仮想通貨「マースコイン(Marscoin)」を作成する可能性について議論した。

テスラとスペースXの名声のイーロンマスクは、可能性は不明であるものの、同氏が仮想通貨を開発できることをほのめかしている。NEXTMONEYの特集記事「イーロン・マスクが「DOGEコイン」をベタ褒め」、「イーロン・マスクのツイート、仮想通貨の異常リターンにつながる」で報じているように、マースコインは、マスク氏が度々火付け役となって価格が上昇しているミームコインであるドージコインを大量に購入し、価値を高めるために使用されるとの見方が濃厚だ。ただし、マースコインについての議論は冗談だと買いがあいメディは報じている。

イーロン・マスク氏がマースコインを提案

2月14日にマスク氏は、その価値を高めるために大量のドージコインを購入したいという希望を表明している。

同氏はドージコイン投資家に、彼らの口座を無効にするために支払うことができると彼は述べた翌日、Knight ChadwickLimitedのマンスール・シャーロック(Mansour Shahrokh)氏は、ドージコインの供給を購入するタスク実行のため、マスク氏が独自仮想通貨を作成する必要があるとTwitterで提案している。

日本語訳)
ドージコイン保有者を以前よりも豊かにするために米国ドルを支払う必要はありません。

さらに、世界最大クラスの仮想通貨取引所BinanceのCEOであるチャンペン・ジャオ(Changpeng Zhao)氏は、仮想通貨を“マースコイン”と呼ぶことを提案し、次のようにコメントしている。

間違いなくマースコインがあるでしょう。

これらTwitterのコメントは、マスク氏が2024年に開始する予定のSpaceX火星ミッションの仮想通貨を作成する必要があることを示唆したTwitterでの以前の議論 を参照しているとみられる。

果たしてマースコインは実現可能なのか

マースコインの戦略は、これまで度々物議を醸しだしてきた冗談ツイートのように見えるものの、この構想が全くの冗談であり、考えられないわけではない。

テスラ社、15億ドル相当のビットコイン保有判明でBTC最高値更新=保有額はマイクロストラテジー社に次ぐ」で報じたように、テスラ社は最近15億ドルのビットコインを購入している。これは、同社がドージコインの65億ドルの時価総額のかなりの部分を支払うことができることを示唆しており、これらのコインを無効なアカウントで購入して燃やすと、ドージコインの価値も高まる。

しかし、実際に仮想通貨を作成すると、マスク氏は規制上の問題が発生する可能性が浮上してくる。同氏がICOを実行せず、彼自身の名声からその価値を引き出すコインを作成したとしても、「イーロン・マスク氏、ツイートで市場を動かし専門家が規制を求める=CNBC」でも報じたように、SEC(米国証券取引委員会)などの規制当局から望まない注目を集める可能性がある。

イーロン・マスクが「DOGEコイン」をベタ褒め

2020.03.04

イーロン・マスクのツイート、仮想通貨の異常リターンにつながる

2021.02.05

テスラ社、15億ドル相当のビットコイン保有判明でBTC最高値更新=保有額はマイクロストラテジー社に次ぐ

2021.02.09

イーロン・マスク氏、ツイートで市場を動かし専門家が規制を求める=CNBC

2021.02.01

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。