Coinbase,Ethereum2.0ステーキングウェイティングリストを発表

CoinbaseがEthereum2.0ステーキングウェイティングリストを発表

Coinbaseが、イーサリアム2.0でステーキング報酬を獲得するためのウェイティングリストを公開したことが明らかになった。

アメリカ最大の暗号通貨取引所であるCoinbaseは、昨年11月、イーサリアム2.0ステーキングをサポートすることを発表しており、ユーザーが任意の量のイーサリアムを預けることで、APR(年間収益率)で最大7.5%の利回りを得ることができる。また、Ethereumの新しいブロックチェーンのバリデータノードを実行するには、ユーザーはアカウントに少なくとも32ETH以上のETHが必要で、Coinbaseの幹部は次のように語っている。

顧客がステーキングに選択したイーサリアムは、一定期間、販売または送金することはできません。預けられたイーサリアムを取引する方法や期間については、情報が更新され次第共有いたします。

しかし、現在はステーキングプラットフォームは、ニューヨークCoinbaseの顧客は、規制のため利用できないが、まもなくサービスが利用可能になるだろうと述べている。

昨年12月にイーサリアム2.0ステーキングを提供開始した、米国の仮想通貨取引所Krakenは、わずか1カ月で、Krakenユーザーから35万ETH以上を募り、ユーザーがETHを預けてから21日間のボンディング期間を設けていた。また、MyEtherWalletも、昨年12月にイーサリアム2.0ステーキングサービスを開始しており、Etherscanのデータによると、契約には現在3,101,410のEtherがあり、54億ドル以上の価値があるとのこと。

イーサリアム2.0の主な変更点としては、コンセンサスメカニズムとして、PoW(プルーフオブワーク)からPoSプルーフオブステークに移行することで、さらにスケーラブルな取引が可能になるため、多くのアルトコインに対してさらなる可能性を秘めている。さらにイーサリアム2.0は、処理スピードも大幅に上昇しており、現在の1秒あたり30イーサリアムから、1秒あたり10,000トランザクションまで処理速度が上がるとみられる。