世界的マイニングチップ不足がBTCマイニングリグの生産を混乱させる

ビットコインマイニングリグ企業を回避するチップメーカー

ビットコインマイニングリグ(※マイニングマシン)の生産で使用するチップが今、世界的に不足しており、市場のリグの不足と混乱は、その後の価格上昇を引き起こしている。すでに、中古リグが1年で50%以上値上がりした一方、新しいマイニングリグの価格が2倍になったことが分かった。

ビットコインの価値の上昇に後押しされ、マイナーが利益を最大化しようとするにつれて、マイニングリグの需要が高まっている。しかし、ロイター通信が報じているように、チップメーカーは現在、他のセクターへの供給を優先しており、チップ不足を悪化させている。

チップ設計者でASIC開発メーカーのInnosilicon(イノシリコン)のアレックス・アオ(Alex Ao)副社長は、マイニングチップの主要生産企業であるTaiwanSemiconductorManufacturingCoとSamsungElectronicsCoも、チップ需要がより安定していると見られる家電セクターなどへの供給を優先するだろうと述べた。

一方、現在進行形のチップ不足は、ビットコインマイニングの展望を再構成する可能性があると指摘されており、Tokeninsight(トークンインサイト)のウェイン・ジャオ(Wayne Zhao)最高執行責任者(COO)は次のように述べている。

チップ不足はすでに起こっており、ビットコインマイニング市場における中国の優位性について、MESSARI(メッサリ)など多くの最新研究報告で優位性が変わったと指摘されています。


ハッシュレートバトルに負ける中国

TokeninsightのジャオCOOによると、中国のビットコインマイニングは、かつて80%を占めていたが、現在は約50%にまで減少しており、その理由について同氏は次のように語っている。

かつては電力コストが低いことが中国の大きなメリットの1つでしたが、ビットコインの価格が上昇するにつれ、それはなくなりました。

中国のマイナーが地位を失っているという同氏の主張を支持しているのが、Babel Finance(バベルファイナンス)のレイ・トン(Lei Tong)金融サービスのマネージングディレクターだ。トン氏の評価によると、ほぼすべての主要なマイナーがリグ市場を精査。中古機械に高額を支払う用意があり、北米の膨大な購入量が中国での供給を圧迫しているとみている。

しかし、仮想通貨メディアの報道によると、最近史上最高値に達したビットコインマイニングハッシュレートにより、マイナーが中国を離れる可能性は非常に低くなっているとし、トン氏は次のように述べている。

オフになっているようには見えず、まったく逆です。マイナーが中国を離れたとしても、彼ら全員が別の新しい場所に移動し、世界中のマイニングをさらに分散させる可能性があるため、潜在的に有益です。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。