元プルデンシャル証券CEO、ビットコインを「安全な避難所」と述べる

ビットコインは安全な避難場所

プルデンシャル証券(Prudential Securities)の元CEO(最高経営責任者)で、現サンダースモリスハリス(Sanders Morris Harris)の最高経営責任者であるジョージ・ボール(George Ball)氏が、ビットコインや他の仮想通貨の代替投資として投資家やトレーダーにとって「安全な避難所」になる可能性があると述べた。

ボール氏自身を、“ビットコインおよびブロックチェーンの反対者”であると主張した同氏は、8月14日におこなわれたメディアによるインタビューで、ビットコインまたは別の仮想通貨が、長期・短期の両方で“非常に魅力的”であり、より多くの人々が仮想通貨市場へ目を向けると予測している

政府については、仮想通貨市場を永遠に刺激することはできないと述べており、遅かれ早かれ、政府は刺激策の一部、赤字解消策の一部として人々に提供されている助成金の一部に対し、支払いを開始する必要がある。人々はそれらのための高い税金を理解し、支払えるのだろうか?また、そうでなければ、彼らはお金を印刷(増刷)するつもりですか?と皮肉っている。もしも政府がお金を無謀に増刷した場合、それは通貨の意味や価値そのものを損ない、おそらくTIPS(財務省のインフレ保護証券)のようなものでさえ、破損・破壊しかねないと指摘している。

これによって、非常に裕福な投資家やトレーダーがビットコインを「またはそれに似たもの」に変えるようになる可能性が高く、富裕層投資家からの仮想通貨への関心の高まりをほのめかしていると彼は結論付けている。

ボール氏は、コロナウイルスの流行をきっかけにこの投資傾向に気づいた最初の人物ではなく、デジタルカレント企業のギャラクシーデジタル(Galaxy Digital)の最高経営責任者であるマイク・ノボグラッツ(Mike Novogratz)CEOが4月にブルームバーグTVに対し、ヘッジファンドを含む新しいプレーヤーや、富裕層の個人がCovid-19パンデミックによって引き起こされた金融大変動の中で、仮想通貨を購入しているのを観察したと語っている。

ボールはまた、代替通貨として仮想通貨を探すことは、税の避難所、資産の逃避先を見つけることを目的としたものではなく、あくまでも、“政府によって傷つけられないものを持つ”ことであると強調している。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!