米デリバティブ取引所Cboe、2021年2Qから仮想通貨インデックス提供へ

Cboeが仮想通貨インデックスの開始予定

米国の大手デリバティブ取引所であるCboe(Chicago Board Options Exchange=シカゴ・ボード・オプション取引所) Global Marketsは、2021年第2四半期から仮想通貨インデックスを開始する計画である事が分かった。
(※1)仮想通貨インデックスとは、仮想通貨市場全体の動きを表す指標および指数のことであり、これらに連動した投資信託やETFに投資するのがインデックス投資と呼ばれている。

Cboeは、仮想通貨取引サービス実行プロバイダーであるCoinRoutes(コインルーツ)とのライセンスパートナーシップを締結。2021年から一連ツールを起動していく。この提携により、米国最大のオプション取引所を運営するCboeでは、仮想通貨データビジネスに参入するための最新の金融機関になる。

CoinRoutesは、ビットコイン(Bitcoin/BTC)取引を長く続ける機関に遅れずについて行くことを目指している。実際に同様のビジネス展開を実施している企業に目を向けてみると、S&Pは今年12月3日、仮想通貨インデックスプランを発表。1週間後に製品を促進する会社であるLukkaへの出資を発表している。

Cboe情報ソリューションチーフのキャサリン・クレイ(Catherine Clay)氏によると、Cboeは時価総額が高い一握りの仮想通貨のデータを提供することに当初は焦点を当てていた。開始されるのはおそらく上位10位以下の取引ペアで、ビットコインとイーサリアム(Ethereum/ETH)はドルに対して取引される。

仮想通貨インデックスの提供開始は?

運用開始は3フェーズで行われ、Cboeデータショップによって、2021年第1四半期に過去の価格データを埋め戻された後、リアルタイム価格のデータをクライアントに配布していく予定である。なお、これらの2つの基本が形成された後について、同氏は次のように語っている。

Cboeのインデックスチームは忙しくなる可能性があります。第2四半期には、Cboeグローバルインデックスチームを通じて、実際のインデックスが得られるようになるでしょう。

同氏によるとCboeは、1年間パートナー企業を評価した後にCoinRoutesのデータを選択している。CoinRoutesの注文ルーティングビジネスは、市場測定において優位性を提供すると考えられており、さまざまな取引所間での手数料の不一致を説明する会社の方法論に感銘を受けたとクレイ氏は述べている。

CoinRoutesのイアン・ワイスバーガー(Ian Weisberger)CTO(最高技術責任者)は、大手メディアに対し、同社の注文書ビジネスは、市場がどこに行くのかではなく、市場がどこにあるかにのみ依存する可能性が高いデータのみ提供されるデータより大きなメリットをもたらすと語った。CoinRoutesのデビッド・ワイスバーガー(David Weisberger)CEO(最高経営責任者)は、次のように述べている。

CBOEはこの製品を、あらゆる種類の資産クラスにわたるインテリジェンスを要求するクライアント向けのさらに別のデータ提供として展開している。CBOEは、従来のクライアントのデジタル資産への移行を「先取り」しようとしており、彼らがその努力に着手するとき、私たちは彼らに奉仕したいと思う。

なお、今回分かったパートナーシップ締結は、Cboeが仮想通貨データの領域に初めて参入したことを意味している。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!