4日で10万ETH超え:クラーケン経由でETH2.0ステーキングにロック

Kraken経由THE2ステーク急増

米国の人気仮想通貨取引所Kraken(クラーケン)がサービスを開始してからわずか4日で、10万ETH(約62億円)がすでにクラーケンを通じてETH2.0ステーキングのためにロックされていることを発表した。

マイルストーン(目標)は12月8日に超えており、取引所はステーキングサービスがこれまでにイーサリアム2.0に賭けられたすべてのETHの約8%を占めると推定されており、Krakenは、そのサービスが5%~17%のAPYを提供すると見積もっている。オンチェーンステーキングにより、追加のトークンと引き換えにネットワークの検証を支援できるため、投資家やトレーダーにとって革新的な新しい収益源になる。

Krakenのジェレミー・ウェルチ(Jeremy Welch)製品担当副社長は次のように語った。

Krakenは長い間イーサリアムの支持者であり、2015年8月にイーサリアム(Ethereum/ETH)を上場した最初の取引所で、イーサリアムの重要性が高まり続けているのを見てきました。Ktakenでのイーサリアム取引量は、12月1日の時点で、通常1日のビットコイン取引の15%~40%に相当しています。

14日(金曜日)にオンラインになったイーサリアムのステーキングに加え、ポルカドット(Polkadot/DOT)、テゾス(Tezos/XTZ)、クサマ(Kusama/KSM)、コスモス(Cosmos/ATOM)にトークンを賭けることができ、フローサポートも間もなく開始される。Krakenは普通預金口座から利息を稼ぐのと同じように、預金されたドルとユーロで定期的に報酬を獲得する機会をクライアントに提供するという点でも非常にユニークである。

取引所で広がるETH2.0ステーキング

ETH2.0ステーキングをサービスはBinance(バイナンス)やHuobi(フォビ)、Bitcoin Suisse(ビットコインスイス)でもここ1週間で独自サービスを開始している。また、今後サービスを提供する予定の取引所はOKEx(オーケーイーエックス)が今月末までに独自サービス予定しているほか、Coinbase(コインベース)も2021年初頭にサービス開始を予定している。

イーサリアムウォレットインターフェースMyEtherWallet(※以下、MEWと表記)は、ステーキングDApp「Staked」の統合を発表。MEWユーザーは、会社のウエブインターフェースまたはAndroidウォレットアプリケーションを介してイーサリアムを賭けることができる。Stakedのティム・オジルビー(TimOgilvie) 最高経営責任者は、次のように述べた。

MEWはオリジナルのイーサリアムウォレットの1つと正しく見なされており、MEWユーザーがステーキングインフラストラクチャーを利用し、イーサリアムのメジャーアップグレードに参加できるようになったのは当然のことです。

ETH2.0ビーコンチェーンを立ち上げるとETHステーキングが可能になるが、ETH2.0の転送が有効になるまで、トークンを引き出せない。ユーザーらはこの機能が今後1年以内にオンラインになる可能性は低いと推測している。そのため、一部ETH2.0バリデータ(検証作業者)は、ペナルティを大幅に削減したため、報酬を獲得できずに引き出しが有効になるまで、イーサリアムがロックされることにすでに不満を持っているとメディアでも報じられている。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!