OKEx創設者が警察に連れ去られた後、OKExトークン価格が底を打つ

OKExトークン価格が底を打つ

16日に特集した「仮想通貨取引所OKEx、出金を一時停止|OKB価格は15%急落」で、仮想通貨取引所OKEx(オーケーイーエックス)が、秘密鍵所有者の1人に対する公安局が進行中の調査に協力している間、仮想通貨の出金を一時停止させたことを発表した事を報じたが、その直後、続報が飛び込んできた。

先週金曜に報じられたニュースを聞いたOKExユーザーなどを中心に、混乱が続き、金曜日の発表に促される形で、コインは昨日まで価格を下げ続けている。なお、16日に報じた時点では、誰が捜査に協力しているのかまだ報じられてはいなかったが、現時点で、仮想通貨取引所OKExの創設者である徐明星(Xu Mingxing)氏が当局の要請に応じている事も新たに判明している。

昨日18日(日曜)の午後、トレーダーがコインの価格がこれ以上下がるに値しないと結論付けたため、OKBは底を打っている。仮想通貨ランキングサービスを提供するCoinMarketCapによると、コインは約6ドルから約4.13ドルに下落し、日曜日になると、価格はわずかに4.4ドルに上昇したものの、市場価格の上昇に問題を抱え、コインを4.21ドルに下げ戻している。週明けの本日、市場ではOKBの価格を再び上昇させようとしており、執筆時点の13:30の時点での価格は4.47ドル(471.52円:前日同時刻比+7.41%)となっている。

OKExは、3年間のICO(イニシャルコインオファリング)で2億ドル(約210億円)を調達した後、今週発売されたコインであるファイルコインを売買するトレーダーのためのあいまいな金融商品の手数料調整の発表を除き、金曜日の引き出しの停止以来、公式な発表を出していない状態が続いている。

OKExは先週15日(木曜)に、一時的に中断されてはいるものの、他の機能は安定しており、顧客の資金は安全であると述べたほか、コミュニティイベントも影響を受けていないと説明している。「ThankGodIt’sFlying」と「AMA-Riofuel」は木曜日に問題なく開催されており、本日の「OKEx価格予測-ETH」は今でも予想され続けている。

テレグラムチャットでは、管理者は、取引所が現在も“処理中”であり、顧客は“引き出しの問題に関する更新”を待つ必要があることを顧客に伝えることで、フラストレーションと怒りを鎮めようとしている。

OKEx側は、「関係する秘密鍵保有者が取引を承認できるようになるとすぐに」引き出しが再開されると述べているが、これらのセキュリティ要件が何であるか、また徐氏不在で引き出しを再開できるかどうかについては現在も明言されていない。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!