仮想通貨取引所Gemini、イギリスへ正式進出

ジェミニ(Gemini)がイギリス進出

仮想通貨取引所とカストディアン(投資家に代わり有価証券管理を行う機関)であるジェミニ(Gemini)が、規制対象団体としてFCA(Financial Conduct Authority=金融行動監視機構)からの承認を得たことから、グローバルな拡大計画の一環としてイギリス進出を決めた。FCAは、EMI(Electronic Money Institution=電子マネー機関)ライセンスとの交換を承認した。

イギリス国内の居住する者は、Gemini経由で仮想通貨を購入するために、デビットカードまたは銀行振込でイギリスポンドで入金できるようになった。Geminiは、英国のファスター・ペイメント・サービス(Faster Payments Scheme)社、SWIFT、CHAPS (Clearing House Automated Payment System)社、および電信送金を支払い方法としてサポートしている。

Geminiがペイパル(PayPal)のサポートを追加する予定かメディアに質問された際、同社スポークスパーソンはコメントを避けている。先週、bitFlyer Europeは、PayPalを介したユーロ預金が仮想通貨の購入を可能にする最初の仮想通貨取引所になったばかりだけに、GeminiがPayPalをサポートするア同課は微妙である。

Geminiのイギリスでのローンチは、取引所がFCA(Financial Conduct Authority=金融行動監督庁)からEMIのライセンスを受け取り、規制当局の第5次EUアンチマネーロンダリング指令(AMLD5)の一部として仮想通貨資産会社として登録された直後に行われる。

FCAレジスターは、Geminiがイギリス国内に2つの事業体、Geminiヨーロッパ(Gemini Europe)とGeminiヨーロッパサービス(Gemini Europe Services)を持っていることを示している。Geminiヨーロッパは電子マネーの活動(法定通貨保護と法定通貨を使用した仮想通貨購入)を促進し、Geminiヨーロッパサービスは仮想通貨の保管と仮想通貨取引きサービスを促進すると、広報担当者は語っている。

FCAによる暗号交換の承認は、イギリスにおける仮想通貨サービスの主流化における新たなステップを示しており、Geminiは、ユーザーが仮想通貨取引および投資できるようにするツールを提供する。Geminiは公式発表で、規制について次のように述べている。

厳格なコンプライアンスは、仮想通貨と企業の成長のための持続可能な未来を構築するための中心であり、これによって顧客の資金とデータが適切に保護され、ユーザーは製品の安全性、安定性、信頼性を信頼できるようになります。FCAのAMLおよびCTF制度に準拠することで、ユーザーは違法な資金源からの不正な資金で溢れている製品にお金を投入していないことが保証される。

仮想通貨がその主流の可能性を実現するために、規制、安全性、およびセキュリティへの協調的な取り組みが実施され、Geminiにとって、FCAの規制要件を満たすことは、グローバルな拡大を達成するための大きな一歩だ。

Geminiの創業者であるテイラー・ウィンクルボス(Tyler Winklevoss)CEO(最高経営責任者)は声明で、次のように述べている。

英国でGBPで提供されるフルサービスを利用してライブに移行することは、ジェミニの国際的な拡大におけるもう1つのエキサイティングな前進であり、仮想通貨を通じて世界中の個人や組織に力を与えるという私たちの使命を前進させます。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!