NYAGはテザーとビットフィネックスに財務書類の提供を要求

ビットフィネックスとテザーのNY検事総長の思いとは

NYAG(New York Attorney General=ニューヨーク州検事総長事務局)のジョン・カスティリオーネ(John Castiglione) 上級執行顧問弁護士は、規制当局と2つの仮想通貨取扱い企業間の話し合いに先立ち、14日(月曜)に裁判所へ書簡を提出した。

両社を代表する弁護士は、注文が広すぎると主張し、「範囲は最初に制限されるべきである」と述べている。所管の提出時点で、354命令は17カ月間実施されており、当初、回答者は「管轄(かんかつ)」文書を作成したが(本裁判所の指示に従い)、命令で求められている主要な情報は作成できなかった。カスティリオーネ上級執行顧問弁護士は次のように述べた。

遅延は停止する必要があり、回答者は迅速に遵守するよう指示する必要がある

ニューヨーク州最高裁判所のジョエル・M・コーエン(Joel M. Cohen)裁判官は、先週NYAGのオフィスからBitfinexとTetherがまだ書類を提出していなかった旨の要請を受けた後に、木曜日の審理を予定した。NYAGはすべての文書を60日以内に提出することを要求しており、TetherがBitfinexに資金を貸すことを妨げる差止命令はさらに90日間延長される。

Bitfinexを代表するSteptoe and Johnson LLPのチャールズ・マイケル(Charles Michael)弁護士は、彼自身の書簡における差止命令の延長に反対しており、以下のようにマイケル弁護士は書簡の中で語り、Tether資産は1億6,000万ドルで発行されたTether(USDT)の額を超えていると付け加えた。

隠されたとされる事実は17カ月間公開されており、その間消費者は制限なしにテザーを自由に利用できた。代わりに、彼らはテザーの時価総額が6倍に(140億ドルを超えるまで)伸び、購入することを選択した。今日、消費者は十分に保護されており、OAGの差し止め命令は必要ありません。差し止めの時点では、テザーの準備を損なうと思われるローン取引はテザーの裏付けの25%を超えていたが、Bitfinexの返済とTetherの成長のおかげで、現在の残高はテザーの裏付けの4%未満です。

17カ月に渡っている長期裁判

訴訟は2019年4月に始まり、司法長官事務所はBitfinexが10億ドル近くの顧客資金へのアクセスを失ったほか、テザーの準備金から借り入れたと語っている。ステーブルコイン発行者は、法人所有者および幹部をBitfinexと共有するが、企業のさまざまな訴訟書類では、ローンとその後の与信枠は互いに独立して交渉されたと述べている。

NYAGは、TetherがBitfinexにこれ以上の資金を送らないようにする差し止め命令を勝ち取り、コーエン裁判官は企業に対し、取引に関するすべての文書や、テザーの発行に関する文書などを共有するように命令した。BitfinexとTetherは判決を不服として上訴したが、7月に上訴を失っている。

月曜日に提出された書簡で詳細な情報が提供され、NYAGは、BitfinexとTetherがUSDTの購入情報、ドルの引き出し要求、税務書類、口座情報を1週間以内に作成することを望んでいるという。1カ月以内に、NYAGはテザーのローン、サードパーティへのローン、およびクリプトキャピタルに資金を提供したアメリカまたはニューヨークの顧客のリストについての連絡を求め、60日以内に2018年11月の召喚状に関連する情報の「完全な生産」を求めている。

カスティリオーネ上級執行顧問弁護士によると、2019年の最初の製造注文では、1カ月以内に材料を準備する必要があったという。

要求された資料のほとんどは、存在しており、容易にアクセスできる必要があるコアビジネスドキュメントである。注文および取引情報、クライアントリスト、銀行口座とその残高のリスト、納税申告書、およびその他の同様の資料だ

NYAGは裁判官の命令を狭めることへの反対を先制して表明しており、被上告人たちは裁判所を動かすと述べたと指摘している。カスティリオーネ上級執行顧問弁護士によると、訴訟における裁判所の役割は既に署名された命令を超えて限定されており、生産需要は、マーティン法(ビットファインへの調査を実施するために使用している法律)に基づくNYAGの権限の範囲内である。

マイケル弁護士の反対派の書簡は、裁判所が回答者に過度の負担をかけることを避けるために範囲を制限できると書いており、この場合はBitfinexとTetherが該当する

Bitfinexは、すべてのテザートランザクションに関するすべてのドキュメントの要求は広範であると主張しており、マイケル弁護士は自動車についてのすべての文書についてGM(ゼネラルマネージャー)に尋ねることに例えている。

マイケル弁護士は両当事者が要求の範囲を議論するために30日間の期間を提案し、BitfinexとTetherは当面「論争の対象とならない」文書を作成すると述べた。

記事参照:CoinDesk

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!