富豪投資家ウォーレン・バフェット、まもなくビットコイン購入の可能性

ウォーレン・バフェットがビットコインを購入か

アメリカでトップランクの富豪投資家であるウォーレン・バフェット(Warren Buffet)氏が率いるバークシャーハサウェイ(Berkshire Hathaway)社が、5億3600万ドル(約572億円)相当に値する2,100万株のバリックゴールドを購入していたことが分かった。

バフェット氏が今回購入したケースは、これまで投資家らが行ったことがないもので、大きな驚きとともに海外メディアを中心に高い関心が寄せられている。モーガンクリークパートナー(Morgan creek partner)社のジェイソンA.ウィリアムズ(Jason A. Williams)氏によると、ビットコインはバフェット氏にとって次のステップで、すぐに購入する予定だとコメントした。

ゴールドとビットコインは、価値ある市場、実行可能な投資として、みられており、物理的に有形な金に対し、ビットコインは一般的にデジタルゴールドと呼ばれ、バフェット氏が金の株を購入することは、ビットコイン購入を検討するのが時間の問題となる可能性があることを意味すると伝えられている。

ビットコインに強気の姿勢で知られている投資家のマックス・カイザー(Max Keiser)氏は、バフェットの金投資による波及効果がビットコインの価格を5万ドルに押し上げる可能性があると指摘している。多くの人がビットコインを“デジタルゴールド”と見なしており、億万長者の金への関与が波及すると、同氏はツイートで説明している。

本日、バークシャー・ハサウェイが史上初の金株を購入したことが発表されました。その理由は、現時点では自明です。ビットコインの今後数年はどのようになると思いますか?これは1998年の金のバフェットです。(日本語訳)

真逆報道もあり

バフェット氏に対し、ビットコインへの投資を説得する試みもすでにいくつかあるが、その中でも注目しておきたいのが、ジャスティン・サン(Justin Sun)氏との昼食会で、デジタル資産に興味を持ってもらうためにサン氏はあらゆる努力を見せたものの、無駄に終わったと海外メディアは報じている。

金を購入する動きは、バフェット氏のアメリカ経済への信頼の低下を示しており、より良い価値のあるストアを探すための最新の選択肢1つだ。

ピーター・シフ(Peter Schiff)氏は、バフェット氏がおそらくシフ氏のラジオを聞いていて、不法なインフレを脱出する人にとって、金だけが賢明な資産であることに気付いて金の購入を決める決意をしたのではないかと語っている。また金を購入するというバフェット氏の決断は、彼がビットコインも購入することを保証するものではないと述べており、次のように自身の見解を述べている。

ビットコインパンパーは、バリックゴールドを購入するというバフェットの決定を利用しています。バフェットは金について彼の考えを変えたので、彼はビットコインについても彼の考えを変えるかもしれません。彼はゴールドを非生産的資産と呼びましたが、決してビットコインを購入してはいない。

シフ氏の説明によると、バフェット氏はビットコインを購入したり、グレイスケールで仮想通貨ポートフォリオを確立した可能性があるものの、仮想通貨の価値を見ていないとのこと。ビットコインやGBTCではなくバリックゴールドを購入するというバフェット氏の決定は、ビットコインをさらに非難するものである。バフェット氏は、ゴールドが今後も存在し、ゴールドが一時的な流行に過ぎないことを知っているとコメントしている。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!