ETH値上りにより、イーサリアムガス使用量が史上最高潮で混雑も激化へ

イーサリアムガス使用量が史上最高に

昨年中頃より、イーサリアムGas(ガス)が市場最高を更新し続けている。これにより、取引手数料が高騰しており、その原因となっていると考えられるのはDeFi (Decentralized Finance=分散型金融)だけではないようだ。


(画像引用先:CoinMarkerCap)

イーサリアムは過去2カ月間、平均して価格は上昇し続けており、プラットフォームへの需要は明らかに記録的更新を生み出している。イーサリアム愛好家は、Uniswap(インスタントDEX:Instant DEX=分散型取引所)、Compound(イーサリアムなどを含めたERC20トークン貸出サービス)、DeFiトークンのyEarn(yearn.finance/YFI)などのDeFiプロトコル、およびETH 2.0のテストネットの差し迫った発売に、この成果をすぐに反映させるとみられる。これらは間違いなくより高いアクティビティ数の一部で、イーサリアムネットワークの混雑の背景にある主な理由ではない。

イーサリアムネットワークの混雑の責任大半が、ポンジ・スキーム(Ponzi scheme=詐欺の一種)のForsage、MMM、Lion’s Shareにあるとみられている。契約の合計トランザクション数と、標準ガス制限に基づくと、これらの詐欺スマート契約は、先月のガス料金の約5,600 ETH、総消費量の約10%を占めたことが分かっている。


(画像引用先:Etherscan)

全体的に見ると、ネットワークの使用に関しては、これらの3つのポンジ・スキームは数千万のトランザクションを短期間で実行し、イーサリアム上で数十億ドルを移動させるテザー(Tether/USDT)に匹敵している。

今年7月中旬以降、イーサリアムは210億のガスを犠牲にして毎日少なくとも100万件のトランザクションを促進している。単純なトランザクションを除き、570億はスマートコントラクト専用に使用されている。ポンジ・スキームはこの消費のうち約170億を占めており、スマートコントラクトアクティビティのほぼ3割を占めていることが分かっている。

これらのような詐欺が暗躍した結果、イーサリアムGas価格は高騰し、35から90 gweiの間で変動している。実際には、これはすでに平均取引価格で示されており、イーサリアム取引の現在の価格は約2ドルで、2018年半ば以降高値は見られていない。しかし、にもかかわらず、イーサリアムはスケーリングソリューションであるETH 2.0の実装に取り組んでおり、ネットワークの採用拡大に伴う負荷への対応を支援している。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!